スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

なぜFXを始めたのか?その2(FXを始めてから現在に至るまで)

カテゴリ: └自己紹介(FXとの関わり)

前回の続きです。


ライブドアショック以降、お金の流れは
株式からFXに移行していきました。

買いからしか入れない株とは違い、
個人でも少額で信用取引(信用売り)ができるのがFXの魅力。

証拠金を担保に、
元手の資金の10倍や100倍といったレバレッジで、
個人でも何百万、何千万といったお金を運用できるのです。

レバレッジが高ければ、
儲けが出た時の額が大きいのがFXの魅力ですが、
逆に行った時の含み損を抱えると、
精神的に苦しくなってくるのがFXの魔力でもあります。


FXを始めた当時は、
なぜ為替レートが上がるのか下がるのか分からず、
ある程度下がってきたところで買うとなぜかさらに下がり、
諦めて売りを決めた途端に上昇し出す不思議(笑)

いくら考えても分からないので情報商材を買って勉強しました。

当時はインフォトップなどのASPが台頭し、
情報商材がネットに溢れ返っていました。


2007年はシステムトレード全盛の時代でしたが、
いろいろな商材を買い、
そのほとんどが詐欺商材であると気付いた頃には
いつの間にかお金を使い果たし、
これが最後、と買った
システムトレードの商材も大ハズレ(笑)

今の僕のトレード手法は独自で開発したシステムトレードですが、
その手本となる方法は、
僕のFXブログでも紹介している教材です。

詳しくはブックマークにある
「時代のトレンドに乗るFXシステム」という
僕のFXブログをご覧ください。


これのおかげで、大暴落の起きたリーマン・ショックも、
それ以降の大相場も乗り切ることができました。

僕のブログは2008年から始まっていますが、
こうして2013年現在も
一個人トレーダーとして無事生き残っています。


ブログには必勝法とシステムトレードの手法を公開していますが、
残念ながら為替の相場には
必勝法なる手法は存在しえませんね(笑)


大事なのは手法ではなく、資金管理損切りです。


これは先ほど紹介した教材でも、
著者がメルマガの中で口を酸っぱくして何度も言っています。

絶対に勝てる手法を見つけるのではなく、
負けがあってもいいから最終的に獲得pipsを伸ばすこと、
これがトレードの世界で生き残る術ではないかと思います。


人によってはトレンドに乗るのが得意な人がいるでしょう。

そういう人はトレンドが始まったら乗ればいいのです。

そしてレンジ相場で手を出さなければいいのです。

毎日勝とうとするから勝てないのです。


僕はスイングトレードが得意なので、
買い(または売り)で一旦ポジションを持ったら、
トレンドが変わるまで何ヶ月でも放置します。

こうすることでレンジ相場にもイライラしなくなりましたし、
仮にダマシに遭ったとしても、
それ以上の獲得pipsがカバーしてくれます。

負けた分は収益に占めるコストだと割り切っています。


ギャンブルみたいに一発当って大儲けしてやろう、
みたいな考えでトレードする人は、
9割が負ける相場の世界で生き残っていくことはできないでしょう。

僕はシステマチックにトレードしているおかげで、
無駄な損失は減らし、損失をカバーする利益を上げ、
生き残ることができています。

今や数多くあるブログの中でも立派な古株です(笑)


僕のシステムトレードに興味がある人は、
是非メルマガに登録して、
売買シグナルのメール配信サービスを受けてみてください。

僕と全く同じトレードをするわけですから、
大損ぶっこくことはないと思いますよ(笑)
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

なぜFXを始めたのか?(大学卒業~FXを始めるまで)

カテゴリ: └自己紹介(FXとの関わり)

僕は2003年に大学を卒業し、社会人になり、
サラリーマンとして働き始めました。

実家に住んでいるので、給料の半分は家賃に、
残り半分は全て自分のものだったので、生活は楽でした。

遊びや食事に使っても、年間100万貯めるのは余裕でした。

フルタイムで働いていた当時は、しっかりお金を貯めて、
30までに1000万貯金しようという目標がありました。

しかし、20半ばを過ぎ、貯金も大分貯まってきたところで、
僕の中にふと疑問が起こりました。


一体何のためにお金を貯めているんだろう?」


実家に住んでいるので、新たに住居を買う必要がない。

嫁も子どももいない(笑)

車も自分が一番欲しいものを買った。


あとは一体何にお金を使えばいいのだろうか?


お金を貯める意義が見出せなくなってきた頃、
偶然一冊の書籍を手にしました。


ロバート・キヨサキの「金持ち父さん、貧乏父さん


これは僕のみならず、全世界の読者に
衝撃を与えた一冊といっても過言ではないでしょう。

定年まで働いて健全に暮らしていこうという安定志向から、
世界中を旅行し、豪邸を建て、早期リタイアしたいという
心からの欲望が僕の心を支配していました。


お金を増やすのは労働だけじゃない。

ビジネスオーナーになるのも一つの収入。

ビジネスを売るのも一つの収入。

投資で収入を得る生き方もある。


しかし、ビジネスの仕組みが一切分かっていなかった
当時の僕の選択肢としては、
投資でお金を増やす方法しかありませんでした。

当時はネットバブルでライブドアの株がうなぎ上りになっていた頃。

僕も流れに乗ってライブドアや関連会社の株を買い漁りました。

300万円ほど投資したでしょうか。


半年後、残ったお金はたったの30万円(笑)


株は買いでしか入れないので(信用取引はカラ売りもできますが)、
下がる株は儲けようがないのです。

そこで次に始めたのが、
個人でも少額で信用取引ができるFX(外国為替証拠金取引)。


記事が長くなってきたので、次回はFXを始めてから
現在までの話を書こうと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

私の人生観・生き方

カテゴリ: └自己紹介(FXとの関わり)

前回の記事では「楽」について書きましたが、
今回の記事では、僕の人生観・生き方との関わりについて
書きたいと思います。


僕がフルタイムで働いていた時には、

「いかに楽に仕事をするか」

ということばかり考えていたのですが、
どんなに時間に余裕ができても、
時間的拘束から逃れられないのです。

生活が楽になっても、
仕事が楽になっても、
何か満足感が得られないのです。

自分にとって人生を充実させるものは何かを考えた時、
楽になることだけじゃないと気付いたのです。


「楽しい」という言葉は
「楽」という漢字を含んでいます。

そう、つまり僕は楽になりたいという願望を持ちつつも、
楽しい人生を送りたいと思っていたのです。


楽しい人生とは何か?


僕にとっての楽しい人生とは、

自分の時間を自由に使える時間的ゆとりがあって、
 自分の趣味を心ゆくまで楽しむこと


です。


フルタイムで働いていると、
1日24時間の内、通勤時間や残業時間も含めて
12時間近くも拘束されます。

人生の半分は仕事に費やされるわけです。

仕事が楽しくて仕方がない人はそんな人生を送るのもありでしょう。

しかし、仕事は楽しいことだけじゃありません。

辛いことやしたくないことも中にはあるし、
人間関係にも気を遣います。


定年退職した後、自分の人生を振り返ってみて、

「若い時にもっと行動しておけば良かった」

と後悔することになりはしないだろうか?

あれもこれもしたいと思った時、
もう体は年老いていて自由に動いてくれません。

そんな人生送りたいのかと考えた時、
フルタイムで働く意義を見出せなくなりました。


もし現在もフルタイムで働いていれば、
資産は今よりずっと多いでしょう。

でもパートタイムで働いている今の方が
人生は何倍も楽しいと感じているし、
好きな趣味にも没頭できている今にすごく充実を感じています。


もちろん、パートタイムで働こうと決めた時は
勇気と決断がいりました。

ただ、FXで収入ができ始めてから、
収入面での不安は解消され、
フルタイムで働くのをやめて良かったと今は確信しています。


これを読んでいるあなたに僕と同じ生き方をしろと
言うつもりはありませんが、


・今の生き方で本当にいいの?

・そのままの生き方を続けて、歳を取ってから後悔しないか?



これを自問してみてください。


もし今の自分の生き方に不満があるのでしたら、


・何に不満を感じているのか

・どうすればその不満が解消されるのか



を考えてみてください。


その答えが、例えば時間的な自由を求めているのであれば、
フルタイムで働くのをやめる道があるだろうし、
経済的な自由を求めているのであれば、
ネットビジネスなどの副業をする、
株式やFXなどから副収入を作る
という方法が考えられると思います。


僕は時間的拘束から解放されて、

「こっちの世界は楽しいよ!こっちへおいでよ!」

と手を振っているだけなんですよ(笑)

あなたが勇気を持って決断し、
こちらの世界に足を踏み入れてくれるまで
首を長くしてお待ちしています。


上がらないお小遣いをちまちま貯めるより、
働かずに収入を増やしませんか?

投資に興味を持った方、
FXで収入を増やしたいと思っている人は、
是非メール配信サービスに登録してください!

一緒に資産を増やして経済的に豊かになりましょう!


さて、次の記事では、なぜ僕がFXを始めたのかについて、
前回の記事との関わりからもう少し詳しく書こうと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.02 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

私のキャラクターその2(私のダークサイド)

カテゴリ: └自己紹介(FXとの関わり)

自己紹介の続きです。


自己分析を深めていくと、自分のダークサイドに気付きます。

僕のダークサイドの一つは、

「楽をしたい」

ということです。

例えば、

「楽して仕事をしたい」
「楽に女性と出会いたい」
「楽して儲けたい」


などなどです。


世の中に、

「楽して痩せるダイエット」

という商品が相も変わらず売れ続けていることから、
人間の欲求の中には誰しも

「楽したい」

という気持ちはあるかもしれません。


そして、僕はその

「楽したい」

に徹底的にこだわるんですね。


「どうやったら楽ができるか」

を徹底的に考えるんです。

楽になるために知恵を振り絞るんです。


ただ、その思考内容が、例えば仕事の場合、

「どうやって仕事をさぼろうか」

ということではなく、

「どうやって仕事を早く終わらそうか」

とか、

「どうやって効率的に仕事を進めていくか」

とか、

「どうやって仕事の集中力を高めようか」

といった方向に行くわけです。


これはある意味、

「楽して仕事をしよう」

という考えとは反対の考えかもしれませんね。


しかし、仕事を早く終わらすために、
仕事の効率化を進め、集中して取り組めば、
実は意外と仕事が楽になるんです。

早く仕事が終わるので、時間に余裕が生まれ、
結果的に楽ができるんですね。


僕がFXを始めた理由の一つに、

「楽して儲けたい」

というのがあります。


肉体労働をしなくてもお金が勝手に増えるわけですから、
こんな楽なことはありませんよね。

もちろん、相場は甘くないです。

FXを始めた頃は負けまくりです。

勝てるようになってきたのもここ最近のことです。


なぜ勝てるようになってきたのか


それはさきほどの

「楽して仕事をしよう」

の概念と通じるものがあって、つまり、

「どうやったら含み益を伸ばせるのか」

とか、

「どうやったら損失を最小限に抑えられるのか」

とか、

「どうやったら無駄なトレードをしなくて済むのか」

これらを徹底的に研究し、幾多の検証を重ねた結果、
現在のシステムトレードが僕のコンセプトと一致したのです。


ダークサイドというとネガティブな印象がありますが、
自分のダークサイドと正面から向き合い、
それを克服することで、
それが自分の強みにもなったりするんですね。

僕の場合は一般的な「楽」という概念とは
異なるかもしれませんが、
それでも自分にとってはそれが「楽」に感じるんですね。


相場でなかなか勝てないと悩んでいる人は、
トレードの仕方を再構築するとともに、


・自分の性格をよく知ること

・自分の性格に合ったトレードスタイルを築くこと

・欲望や誘惑を克服すること



これで収益は大きく改善します。

これでも勝てなければ
僕のメール配信サービスをご利用ください(笑)


さて、次の記事では、「楽」をテーマに
僕の人生観や生き方について書こうと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

私のキャラクター(私という人間について)

カテゴリ: └自己紹介(FXとの関わり)

今回の記事では自己紹介をしたいと思います。


ハンドルネームはトーマスです。

由来はブレイクダンス、
または体操の技の開脚旋回を初めてやった人です。

つまりFXとは全然関係ありません(笑)

なぜそんな名前にしたのか?

それは僕がトーマス旋回が好きだから、
という理由以外に思い浮かびません(笑)

まあ名前の由来はどうでもいいことですね。


続いて職業ですが、
ある側面では個人投資家、
ある側面では個人事業主、
ある側面ではパートタイマーです(フリーターではありません)。

多分気になったかと思いますが、


なぜ僕がパートタイマーをしているのか?


パートタイマーは、フルタイムとは違い、
朝から晩まで時間を拘束されません。

僕の仕事は特殊なので、
春・夏・冬と長い休みはもらえるし、
休んでる間も給料はなぜかもらえます(笑)

給料や雇用の面でデメリットはあるとしても、
生活には困らない収入と圧倒的な自由な時間を考えれば、
パートタイマーで働くのが賢い選択じゃないかなと
個人的には考えています。


それに、現在FXによる収入と、
ネットビジネスからの収入を合わせれば、
余裕でフルタイム以上の収入になっています。


というかそれだけ収入があるならもう働く必要なくね?


と思った方もいると思います。


実は、過去に全く仕事をしなかった時期があります。

しかし、安定した収入がないプレッシャーと、
一日中やることがない退屈な生活に
1ヶ月で飽きてしまいました(笑)

やはり人間少しでも頭や体を動かした方がいいってことですね。

今後僕のような生き方が主流になるんじゃないでしょうか。

というか、まず僕からそのモデルを示したいと思っています。


・組織に属さない
(人間関係のストレスがない)

・朝から晩まで時間的に拘束されない
(自分の仕事が終わればいつでも帰れる)

・複数の収入を持つ
(自分の好きなことにお金が使える)


・・・etc


僕がブログやメルマガを通して世界に伝えたいこと、
この文章を読んでいるあなたに伝えたいことは、

「日常のプチ贅沢を楽しもう」

ということです。

この言葉が何を意味するのか、
それは以下の質問に対する僕の答えにあります。


「あなたは、フルタイムで働いている人の半分の時間で働き、
同じ給料がもらえるとしたらどうしますか?」



僕なら、まず500円のランチを1500円のランチに変えます(笑)

30分で済ます昼食を1時間30分に延長し、
食後のコーヒーとドルチェを楽しみながら、
優雅なひと時を過ごします。

周りに若いサラリーマンやOLはいません。

暇を持て余したセレブかジェントルマンしかいません(笑)


あなたも是非日常の中にプチ贅沢を取り入れてみてください。

プチ贅沢は人によって定義が異なるので、
食事じゃなくても何でもいいです。

自分がプチ贅沢しているなあと感じることを
日々の生活の中に入れてみるんです。


僕の場合はランチをプチ贅沢にすることですけど、
ランチに1500円もかかるようなお洒落な店へ行けば、
身なりや品性の整った人間が集まります。

一流の空気感を感じ、同じ空気を共有することで、
セルフイメージも上がります。


あと、僕にとっての日常のプチ贅沢は食べ物だけではありません。

午前に仕事を終えて、午後からショッピングや
遊びに出かけることだってできます。

平日に休みがあるので、どこへ行ってもガラガラです。

人混みや渋滞に悩まされることもありません。

平日の飲食店とかレジャー施設はいいですよ、
なんせ並ばなくてもいいし、休日より安くなるし。


そんな理想的な生活ができるなんて
どれだけ先の話なんだろうと思っていましたが、
実現するのは実はそんなに難しいことではありません。


将来の自分の姿をありありと想像し、
その生活を得るためにはどんなことをすればいいのかを考え、
その目標に向けて、しなければいけないことを
一つずつやっていくだけです。

ちなみに、将来自分がしているであろう理想の生活の一部でも
普段の生活の中に入れていくと、夢が実現しやすくなりますよ。


記事が長くなってきたのでそろそろ終わりにしますが、
まだまだ僕の自己紹介は続きます(笑) ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.09.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

 HOME  >>Next

検索フォーム

プロフィール

トーマス

Author:トーマス
FC2ブログへようこそ!

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。