スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

なぜトランスを紹介しようと思ったのか

カテゴリ: └自己紹介(音楽との関わり)

前回の記事までで、
過去から現在までの僕の音楽の嗜好を書いてきました。


僕がトランスを聴いていると言っても、

「どんな音楽なの?」

とか、

「トランスの何がいいの?」

とか、

「どんなアーティストがいるの?」

とか、世間一般には全く認知されていないのが現状です。


トランスに限らず、ダンス・クラブミュージックは、
日本ではポップスほど人気もないし、
ダンス・クラブ系要素を前面に出せるアーティストもいないので、
音楽の話では誰とも話が合わないという寂しさがあります。

僕は車の中で、トランスに限らず
様々なジャンルの音楽をかけますが、
同乗者が「この曲知っている」と言ってくれる曲がほとんどないので、
せっかくいい音楽を流しても、音楽の話しができないのが残念です。


いい音楽と言っても、僕がいいと思っているだけで、
他の人がいいと思わなければ、いい音楽と認知されず、
聴かれもしないということですね。

そこで、僕がこうしてブログで音楽の紹介をすることで、
トランスミュージックの良さを理解してもらって、
認知度が上がればいいなと思います。


世の中には、トランスに限らず、
いい音楽が世界中に眠っているのに、
それが日本では全然知られていないことに、
もどかしさを感じています。

いい音楽は紹介したくなる、まさにDJの気持ちですね。

僕は幅広くいろんなジャンルの音楽を聴いていますが、
トランスだけでも紹介したい曲が山ほどあるので、
しばらくはトランスの曲・アーティストを紹介していこうと思います。


トランスはどんな音楽かを軽く紹介すると、

・強烈な低音

・心地良く刻まれる一定のリズム

・アップリフティング(高揚感)

・エモーショナルでメロディアスな旋律の美しさ


などの特徴が挙げられます。

上の特徴を読むと、ややクラシカルな印象を受けますが、
トランスはヨーロッパで人気があることを考えると、
それもうなずけるのではないかと思います。

日本で盛り上がらないのは、
日本でクラシックが受けないのと同じ理由だからもしれませんね。


実は日本産トランスミュージックもあるのですが、
そのほとんどは聴くに堪えない粗悪な音楽が多いのが現状です。

真剣に作っているクリエイターには申し訳ありませんが、
日本人受けするトランスを聴いても、
どうしても違和感を感じざるを得ないのです。


僕のブログを読んでいる人には、
本物のトランスを聴いてほしいという想いがあります。

体に良い食べ物が健康な体を作るのと同じように、
質の良いトランスミュージックは、
日常生活に潤いを与えてくれることは間違いありません。


トランスは日本語に直すと、「恍惚感」です。

気分が沈みがちな時に聴くと、
最高に活力を与えてくれる音楽です。

また、ドライブの時など、眠くなってはいけない時に聴くと、
一気に目が覚めて、ハイテンションになれます。


CDやmp3は、一度買ってしまえば、一生自分のものです。

それで気分が高揚し、毎日を充実させてくれるのであれば、
かなり安い買い物ではないでしょうか。

少なくとも、僕の日常生活には、
トランスという音楽は欠かせない存在です。


それでは、次回から、
僕が今までに聴いた曲の中から、
選りすぐりの曲・アーティストを紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.12.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

ダンス・クラブミュージックの目覚め

カテゴリ: └自己紹介(音楽との関わり)

高校辺りから、音楽嗜好に大きく変化がありました。


きっかけは、スキャットマン・ジョンや、ME&MYなどの
ヨーロッパ系のダンスポップが収録されている
コンピレーションアルバムです。

そのアルバムの中に、
ロバート・マイルズの「fable」という曲が収録されていて、
この曲が僕の音楽嗜好に多大な影響を与えました。


今でもこの曲はしょっちゅう聴くし、
おそらく人生で一番聴いているでしょう。

再生回数で2000回以上を超えた曲は、
ロバート・マイルズしかないと思います。


ダンス・クラブ系というカテゴリの中では、
彼の作る音楽は、「トランス」と呼ばれるジャンルになります。

現在、トランスは、トランスの中でも
いろんな派生ジャンルが生まれましたが、
主流になるトランスの原型を作ったのは、
彼であることは間違いないです。

それだけ世界にも影響を与えた音楽なんですね。


世界の主流となっているダンス・クラブミュージックは、
2000年代に入っても、相変わらずトランスです。

世界のトップ100DJのリストを見ても、
半数近くがトランスDJ・アーティストだし、
上位のほとんどがトランスDJが占めています。

中には、オリンピックでDJをやった人も入っているし、
世界で最も成功したDJとしてギネス認定されたDJも、
やはりトランスDJです。


ロバート・マイルズをきっかけに、
ダンスミュージックの魅力に取り憑かれ、
いろんなダンスミュージックを片っ端から聴いていきました。

その時期から、ゲームセンターにも、
ダンス・クラブミュージックを流すリズムゲームが登場しました。


「ビート・マニア」というゲームです。


このゲームをしてから、ダンス・クラブ系のジャンルに詳しくなり、
トランスだけでなく、ハウスやテクノ、
ヒップホップやレゲエ、ドラムンベースと、
音楽の嗜好性も幅広くなりました。

ただ、現在最も聴いているのは、
今も昔も変わらず、トランスであることは間違いないです。

トランスのCDだけで200枚以上持っているし、
2000曲以上聴いています。


それも、何千曲と聴いた曲の中から、
絞りに絞った結果でそんなにあるんです。

トランスでこれだけ聴いていますから、
他のジャンルも合わせると、それこそ膨大な数の曲を聴いています。


次回、なぜ音楽の記事を書こうと思ったのか、
なぜ音楽の紹介をしようと思ったのかについて書きたいと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.12.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

青春時代(小6~高3辺りまで)に聴いた音楽

カテゴリ: └自己紹介(音楽との関わり)

青春時代に聴いていた音楽は、
主に90年代のポップスが中心です。


小学生の時から家族でよくカラオケに行き、
KANの「愛は勝つ」とか、たまの「さよなら人類」を
よく歌っていた記憶があります。


中学に入り、CDをツタヤでレンタルするようになってから、
本格的に音楽を聴き始めました。

槇原敬之やチャゲ&飛鳥などをよく聴いていました。

最近はカラオケに行くことはなくなりましたが、
もし行ったら、やっぱり90年代の歌を歌ってしまうでしょうね。


マッキーの「どんなときも。」「もう恋なんてしない」
チャゲアス「SAY YES」「YAH YAH YAH」「LOVE SONG」
プリプリ「M」
米米クラブ「浪漫飛行」
小田和正「ラブストーリーは突然に」
THE虎舞竜「ロード」
ミスチル「抱きしめたい」「CROSS ROAD」「innocent world」「Tomorrow never knows」

今30代の人なら、カラオケに行ったら、
上の曲のどれかを歌いたくなりませんか?笑


90年代半ばごろからミスチルと小室ファミリーの勢いがつき、
青春時代に聴いた音楽のほとんどが
小室ファミリーだった気がします。

高校時代、カラオケに行けば、ミスチルや、
ラルク、グレイなどのビジュアル系をよく歌っていました。


ただやはり、今の音楽生活に一番影響を与えているのは、
間違いなく小室サウンドです。

彼はダンスミュージックをポップスに持ち込むことに大成功し、
現在のエイベックスの基礎を築いた立役者ですね。


邦楽と並行して、
中学から英語の授業の影響で、洋楽も聴き始めました。

ビートルズから始まり、
カーペンターズ、イーグルス、ワム!などの代表曲は、
今でもほぼ歌詞を見ずに歌える気がします。


90年代に活躍していた洋楽アーティストと言えば、
マライア・キャリー、セリーヌ・ディオンとか、
ジャミロ・クワイ、U2、エアロ・スミスとかでしょうか。

日本で大ヒットしていたのは、
スキャットマン・ジョンとか、
ロス・デル・リオ「マカレナ」など、
ヨーロッパ産のダンスポップが流行っていましたね。


洋楽が歌えることにカッコ良さを見出したからなのか、
英語の苦手意識は全くなくなりました。

英語の勉強に洋楽を歌うってのは
絶大な効果があるからお勧めです。

発音も上手くなるし。


ここまでで、僕の青春時代は、
小室サウンドと洋楽に大きな影響を受けたということが言えます。

次回、大学生以降から現在に至るまで、
音楽変遷を巡ってみたいと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.12.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

音楽との関わりと音楽に対する想いについて

カテゴリ: └自己紹介(音楽との関わり)

音楽との関わりは、僕の趣味の中で、
人生で一番長いかもしれません。

体操は高2(1997年)から始めて、今年(2013年)で17年目ですけど、
音楽を聴き始めたのは小学6年くらい(1992年)からですから、
もう22年目になります。


今回は僕と音楽との関わりということで、
僕の人生を彩る大事な要素として、
音楽について書かせていただきます。

というのも、家にいる時は、ほぼ音楽を流しっぱなしだからです。

車や電車に乗っている時も、常に音楽を聴いています。


普通、一番ヘビーローテーションする音楽は、
自分の青春時代に聴いた音楽だと思うんですけど、
僕の場合は、毎日、常に
年代もジャンルも違うアーティストの曲を聴いています。

なので、年間1000曲以上は聴いていると思います。


DJ並みに音楽の知識はあるかもしれません。

作り方じゃなくて、曲の中身の方ですよ(笑)

テレビのBGMやCMで流れていたり、
カフェやお店で流れている曲を聴くと、
これはあのアーティストのあの曲だと
気付くことがしょっちゅうあります。

ってどうでもいい自慢でしたね(笑)


そんなヘビーリスナーな僕ですが、
作曲や楽器のスキルは全くないのが残念です。

どうもそっちの方には興味が向かなかったみたいです。


しかし、将来的に音楽に関わることがあるとすれば、
それは「DJになること」です。

実は昔からよく人にお勧めのCD(MD)を作ってほしいと
頼まれることがあったのです。


というか、来年辺りから、
「お宅DJ」デビューしようかとさえ思っています(笑)

おそらく2年以内にはクラブDJをやっているかもしれません。


別にこれで食べていこうとか全く考えていなくて、
完全に趣味というか自己満足な世界です。

月に一度とかのペースでいいから、
トランスパーティを開きたいんですよね。


そして、お宅DJをしながら、作曲とか、
リミックスワークもしていくかもしれません。

実は密かに「アーティストになりたい」って想いもあったりします。


DJになるのも、アーティストになるのも、
初期費用は機材費のみなので、
ネットビジネスと同様始めやすいんじゃないかなと思ってます。

売れることを第一目標と考えてないから、
気楽にできますし。


ということで、これから数回に分けて、
僕の音楽遍歴について書いていきたいと思います。

興味のある方だけ、次回以降の記事にご期待ください(笑) ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.12.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

 HOME 

検索フォーム

プロフィール

トーマス

Author:トーマス
FC2ブログへようこそ!

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。