スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

Marco Buono(マルコ・ボーノ)

カテゴリ: ├パスタ・ピザ

大阪市生野区にあるイタリアンレストランです。


去年(2013年)、僕の地元にできた新しいイタリアンレストランで、
何かの系列店かと思いきや、
ここだけにしかないお店です。

イタリアンには欠かせない、
石釜焼きピッツァと、
最近流行りの生パスタが特徴で、
他にも豊富な種類のワインを取り揃えています。


北巽は、安さが売りのサイゼリア、
お手頃な価格でイタリアンを楽しめるジョリー・パスタ、
それにマクドにフレンドリー、丸亀製麺と、
外食産業の競合店がひしめき合う中で、
果たして生野区民に受け入れられるレストランとなりえるか、
大変興味深いところです。


ただ、平日も休日も、
ランチタイムもディナータイムも、
一度も待たされることなく座れるところから、
お客さんの入りはもう一つな感じがします。

ジョリパの方は常に人がいっぱいなのに・・・。

しかし、味は確かなので、
どうか潰れずに持ちこたえてほしいものです。


マルコ・ボーノの一押しは、
やはり何と言っても生パスタに限ります。

もちもちとした食感が特徴で、
うどんのように噛み応えがあります。


この店のお勧めのメニューは、
最近流行りのワタリガニのトマトクリームスパゲッティーです。

ワタリガニのトマトクリームスパゲッティ


他のイタリアンレストランでは、
申し訳程度にカニの身が入っているのですが、
こちらの店ではカニの身がぎっしり入っていて、
食べ応えが十分にあります。


それから、クワトロフォルマッジのピッツァ。

とろ~りチーズとはちみつ!クワトロフォルマッジ


クワトロは4という意味ですが、
4種類のチーズが入っていて、
そのまま食べても濃厚な味が楽しめるし、
はちみつをかけて食べても、
非常に相性が良いです。


僕はいろんなイタリアンレストランで、
ピザ(特にマルゲリータ)を食べてきましたが、
ここのマルゲリータピザが一番美味しいです。
(残念ながら写真は撮ってませんが)

濃厚なチーズの味と香り、
オリーブオイルとバジルのハーモニー、
ピザ生地のカリカリ・サクサクッとした食感、
それらが絶妙な具合に溶け合っています。


締めはドルチェといきたいところですが、
ここのティラミスはあまり美味しくないので、
別に食べなくてもいいです(笑)

その代わり、この店の裏メニューである、
チョコレートが入ったカルツォーネは絶品です。

カルツォーネ


なぜ裏メニューなのかというと、
元々メニューにあったのが、いつの間にかなくなっていたからです。

ダメ元で頼んでみたら、あっさりオッケーをもらいました。

さすが腕のいいシェフなだけあって、
お客さんの無理な注文にも応じてくれる姿勢が素晴らしい。


カルツォーネというのは、生地はピザと同じなのですが、
写真のように、三日月の形をしているのが特徴で、
中に熱々で濃厚なチョコレートがぎっしり入っていて、
ナイフで切るとトロトロと溢れ出てきます。

これをアイスクリームと一緒に食べると、
口の中が濃厚なチョコレートの香りと、
アイスクリームの甘さが広がり、
最高に絶妙なハーモニーを醸し出してくれます。


言葉で上手く表現できないのがもどかしいのですが、
とにかく今まで食べたイタリアンドルチェの中で
最高傑作と言っていい味だということは間違いないです。

なぜメニューから外してしまったのかは謎ですが、
量が多過ぎるので一人では食べきれないからでしょうか。
(それが理由なわけないか)


そんな感じで、パスタ・ピザ・ドルチェ(ただし裏メニューに限る)
のどれをとっても満足のいく味なので、
生野区、北巽にお越しの際には是非お立ち寄りください!
(ってこんなローカルな街にわざわざ来ることはないか)


雰囲気:☆☆☆

いつ行っても席は空いていて、
混むことはなくすんなり入れます。

何と言っても、スタッフの対応がとても素晴らしく、
あらゆる外食産業の従業員が見習うべき姿勢が多いです。


味:☆☆☆☆

以前に紹介した、ドルチェ・モスカートといい勝負してます。

ピザとドルチェはこっちの方が美味く、
パスタは、あっちの方が量が多く
具剤もスープ・ソースも多いので、
向こうに軍配が上がるかな。


価格:☆☆☆

価格はジョリパの1.5倍くらいで、
パスタとピザを頼むと二千円を超えるので、
僕ら一般庶民には敷居が高いですね。

10代の学生がだべっている光景は皆無です。

そんなにしょっちゅう食べに行けませんが、
数ヶ月に一回は行きたくなるお店です。


ただ肝心のカフェ(カプチーノ)がもう一つだからなあ。

毎週通ってカフェを飲みながらくつろぐ、
ってスタイルができないのが残念。

でも生野区のイタリアンでは間違いなくNo.1でしょう。
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2014.01.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

Dolce Moscato(ドルチェ・モスカート)

カテゴリ: ├パスタ・ピザ

近畿各地にチェーン展開するイタリアンレストランです。

大阪・京都・兵庫・奈良にそれぞれ店舗を構えていて、
場所によって名前が変わっていたりします。


・ドルチェ・モスカート

・ルーチェ・サンタルチア

・グラナダ・パン・チェッタ

・ドルチェ・カンパーニャ


以上は、同じ系列なので、
どこへ行っても同じ料理を食べることができます。

コンセプトはどこも同じで、
外観も店内もイタリアンな雰囲気満載で、
さながらイタリアのレストランに来たような気分です。


店内はやや落ち着いた雰囲気で、
お客さんの層も、若いカップルよりは、
高年齢の主婦や熟年カップルが多い印象です。

女子率が高いのですが、2人分の席もたくさんあり、
野郎一人で入っても問題ありません(笑)

ただし、ディナータイムはかなり混むので、
一人でいると多少疎外感を感じるかもしれません。


イタリア料理は最近とても流行っていて、
全国至る所にイタリアンレストランを見かけるようになりました。


イタリア料理と言えば、ピザとパスタです。

イタリア本場の味を追求する店もあれば、
日本人向けに和風をコンセプトにする店もありますが、
ドルチェ・モスカートは本場の味に近いと思います。


イタリアンで最近流行っているのが、
バゲットと呼ばれる長くて固いパンです。

バゲット自体はフランスパンの一種なので、
実際にはイタリア料理ではないのですが、
最近いろんなイタリアンレストランで見かけるようになりました。


そして、ドルチェ・モスカート一押しのメニューが、
このバゲット。

名付けて、「バゲッ塔」。

塔のようにそびえる様は圧巻の一言。

でも、食べにく過ぎるので、切ってもらいました。

バゲット

写真では分かりにくいのですが、
これ、一人で食べるにはかなり量が多いことを補足しておきます。


バゲットの味はいろんな種類の中から選べ、
お勧めは濃厚ミルクバター。

バゲットの中にミルクバターの味が染み込んでおり、
焼き立てバゲットのカリカリ感と、
ミルクバターの濃厚な味わいが見事なハーモニーを生んでいます。


続いて、メイン料理のパスタ。

こちらは、タコが入ったトマトソースパスタ。

パスタ

海鮮の風味が効いているトマトソースはかなりいい味を出しています。


パスタの種類は多く、どれを選んでも美味しいし、
かなりの量が入っています。

しかも、ソースまたはスープがたっぷり入っているので、
最後までパスタと絡めて味を楽しめます。


パスタに続き、ピザもすぐ出てきます。

食べ比べするなら、どこのイタリアンレストランにもある、
マルゲリータがいいですね。

ピザ

オリーブオイルがたっぷりかかっていて、
切って持ち上げるとオイルがたれてきます。

窯焼きピッツァで、
カリカリのサクサクとした食感が楽しめます。


バゲット、パスタ、ピザを食べれば、十分お腹は膨れ、
多分一人じゃ食べきれないぐらいの量です。

どれも美味しいのですが、
とにかくバゲットだけでも食べに来る価値はあります。

お店のホームページでバゲットの無料券がもらえるので、
お気に入りに入れときましょう。


ドリンクとデザートは普通なので、
別に頼まなくてもいいです(笑)


雰囲気:☆☆☆

イタリアの雰囲気が出てて良いです。

ディナータイムは混雑し、
早めに行かないと待たされてしまうので、
18時より前に入るようにしましょう。

年齢層が高いので、店内はさほどうるさくなく、
落ち着いた雰囲気です。


味:☆☆☆☆

イタリアンレストランの中ではお気に入りの店で、よく食べに行きます。

何と言っても、バゲットが美味い。

パスタもボリュームがたっぷりあり、お得感があります。

ピザは、もっと美味しい店があります(笑)


価格:☆☆☆

一人で来ても、二人で来ても、1500円くらいでお腹一杯食べられます。

セット料理にすると、バゲットから食後のドルチェまで食べられて、
贅沢に満腹感を味わえます。


味としては、ジョリパを超える納得のいく味です。

ジョリパに慣れた人は、是非ワンランク上の
ドルチェ・モスカートはいかがでしょうか。

近畿方面にお越しの際、イタリアンを食べに行くなら、
このお店はお勧めです! ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.12.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

Jolly Pasta(ジョリー・パスタ)

カテゴリ: ├パスタ・ピザ

全国チェーン展開しているイタリアンレストランです。


街で見かけるイタリアン系チェーン店で言えば、
サイゼリアの方が数が多く、
価格も圧倒的に安いのですが、
残念ながらサイゼリアは紹介するに至りません。

なぜなら、あまりにも価格が安すぎるので、
品質に疑問符がつくのと、
ドリンクバーのカフェの味に問題ありと判断したからです。
(これはあくまで個人的な主観です)

そもそもイタリアンと銘打ってるのに、
パスタやピザの種類が少ないのはどういうことか(笑)


一方、ジョリー・パスタの方はと言うと、
こちらは価格はサイゼリアに比べ、1.5倍以上しますが、
メインディッシュのパスタの数を多く揃えているし、
最安500円台からでも美味しいパスタを食べることができます。

何と言っても、ドリンクバーのカフェの質が良いのが評価が高いです。


僕のようにカフェで時間を潰す人間にとっては、
店の雰囲気やカフェの美味しさがかなり重要です。

このポイントが高いチェーン店として、
ジョリー・パスタは十分合格点に達したということです。


パスタはどれも美味しいので、お勧めは特にありませんが、
男性だと、牛肉がたっぷり入った、

「3種チーズとビーフのトマトミートソース」

3種チーズとビーフのトマトミートソース

が食べ応えがあるのでお勧めです。


そして、ジョリー・パスタに来たなら、
ドリンクバーは頼んどきましょう!

ここのカフェラテはかなりお勧めです!

カフェラテ

いいコーヒー豆を使っているのか、ストレートで飲んでも、
それほど苦みがきつくなく、上品な味わいです。

砂糖を半分入れて飲むと、絶妙な甘さと苦さになり、
2杯も飲めば目が覚め、
昼からの仕事も眠くならずに集中力が続きます。


ここへ来ると、いつも食後にティラミスを食べるのですが、
ティラミスの作り方が変わったのか、
材料が変わったのか、
最近のティラミスの傾向なのか、
僕好みの味ではなくなりました。

なので、紹介するほどでもなくなったので、写真は撮ってません。

もう注文することはないな、ああ残念(笑)


雰囲気:☆☆(休日)~☆☆☆(平日)

休日の昼食・夕食の時間帯は結構混みます。

休日に行くなら、早めに行くと待たずに快適です。

平日の昼は、比較的年齢層の高い主婦やサラリーマンが多く、
そんなに混み合ってもないので、
カフェ片手にスマホいじったり、携帯でゲームするには最高の環境です(笑)


味:☆☆☆

十分合格点です。

パスタの数が多いし、季節メニューもあり、
毎週通っても全然飽きません。

その他のメニュー(前菜・ピザ・ドルチェ)も悪くはないです、僕は食べませんが(笑)


価格:☆☆☆☆

パスタとドリンクバーを合わせても千円行くか行かないかです。

日替わりパスタを選べばさらに安く、
ランチスープバーまで付いてきます。

この味でこの値段はコストパフォーマンスが高く、
まさに日常のプチ贅沢なひと時を楽しめます。


ということで、家や職場の近くにジョリパがある人は、
一度平日の昼間に行ってみてはどうでしょうか? ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.12.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

 HOME 

検索フォーム

プロフィール

トーマス

Author:トーマス
FC2ブログへようこそ!

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。