スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

一創(いぞう)

カテゴリ: ├タンタン麺

大阪府摂津市にある中華料理店です。


最寄駅は、阪急正雀で、徒歩3分くらいで着きます。

車は一台停めるスペースがありますが、
もし停められなかった時は、
すぐ近くにコインパーキングがありますので、
そこに停めましょう。


ディナータイムは、
平日・祝日関わらず満席になりやすいです。

なので、ランチタイムに行くか、
電話で予約を入れるか、
混みあう時間帯を避けて来るといいと思います。

火曜日は定休日なので気をつけてください。


ここは知る人ぞ知る、隠れた名店です。


横浜中華街で修業をしたオーナーが務めていて、
料理は全てオーナー自身が作っています。

そのため、20席もありませんが、
料理を作る手際が良く、
10分も待つことなく料理が運ばれてきます。


店内は中国を連想させるBGMが流れ、
注文を取ってくれるホールスタッフの女性は、
チャイナドレスを着て接客している辺り、
中華の雰囲気を徹底している姿勢が素晴らしいです。

残念ながらスタッフは中国人ではありませんが(笑)


なぜ僕がこの店を紹介しようと思ったのかですが、
僕は洋食の他にも、中華料理が大好きで、
大阪を中心に、近畿各地のいろんな中華料理屋を巡りましたが、
この店がぶっちぎりで美味いです。

どの料理も美味しいので、本当は全て紹介したいのですが、
今回はタンタン麺を紹介したいと思います。


タンタン麺は、相当食べ歩きました。

中華料理屋だけでなく、
ラーメン屋にタンタン麺があれば、
必ずそれを食べるくらいのこだわりようです。


大阪の八戸ノ里にある、
中華料理世界選手権第2位を獲った店の
タンタン麺より美味しいです。

これは味の好みの問題なので何とも言えませんが、
とにかく僕の中では現在日本一です。


ところで、タンタン麺を漢字で書くと「担担麺」なのですが、
「坦」の漢字になっていることが多いですね。

タンタン麺は中国四川省が発祥の地ですが、
食材を担いだことから名付けられたので、
「坦」は字が違うということになります。

たんたんを変換すると、一番先に「坦々」が出てくるからでしょうか。

と、どうでもいい話しでしたが、
タンタン麺を愛する人間は漢字にもこだわるのです(笑)


その一創のタンタン麺がこちら。

タンタン麺

普通に注文すると、このように出てきます。

見るからに濃厚そうですよね。


お勧めは、「野菜抜き」で注文することです。

僕がこの店に来ると、必ず野菜抜きのタンタン麺を注文するので、
オーナーは慣れたのか、
野菜抜きと言わなくても野菜を抜いてくれます。

僕が野菜嫌いというのもありますが、
野菜が入っているのと、入っていないのとでは、
タンタン麺の味が大きく変わります。


なぜそんなことが言えるのかというと、
それは、この野菜が炒めてあるからです。

つまり、タンタン麺の汁の味に大きく影響するのです。

しかし、このタンタン麺の汁は、
炒めた野菜の味が染み込んでいない、
ストレートの味の方が美味しい。


タンタン麺の汁は辛いイメージがありますが、
一創のタンタン麺の汁は、
ゴマの風味が効いた、まろやかさ、コク、深み、
肉味噌の旨みと甘み、
それに酢とラー油の酸味が絶妙に交わった、
何とも風味豊かな味わいです。

ここでタンタン麺を食べてしまうと、
今まで食べていたタンタン麺は何だったんだろうと思うかもしれません。


タンタン麺が好きな人、ならびに中華料理が好きな人は、
大阪に来た際は、一創に行っときましょう!


雰囲気:☆☆☆

ディナータイムに行くと、常に満員なので、
比較的空いているランチタイムに行くか、
混みあう時間を避けて、
早めに食べに行くことをお勧めします。

それなりに中華の雰囲気はありますよ(笑)


味:☆☆☆☆☆

タンタン麺、その他料理どれを取っても最高の味です。

中華料理が好きな人は、一度は訪れるべき店です。

それでいて、もっと美味しい店があるよという方は、
是非教えてください(笑)


価格:☆☆☆

一品料理の単価としては妥当な価格だと思います。

コースで頼んでもいいし、一品ずつ頼んでもいいですね。


この店が一番に勧めている料理は麻婆豆腐です。

かなり辛いのですが、これもお勧めです。

それから、唐揚げとエビチリも絶品ですので、
一緒に注文しましょう。


待っているのは、後悔ではなく、感動です(笑)
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.12.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

 HOME 

検索フォーム

プロフィール

トーマス

Author:トーマス
FC2ブログへようこそ!

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。