スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

為替レートと経済政策の発表が気になりますか?

カテゴリ: ├FXの基礎知識編

現在、買い(ロング)か売り(ショート)のポジションを持っている場合、
為替レートが気になって、一日に何度もチャートを見てしまいますよね。

出社したら、まずは株価と為替チャートを見よう、
みたいなサラリーマンは多そうな気がします。


特にポジションを持っていれば、余計気になると思います。

○○円になったら、決済(利確か損切り)しようと考えている人は、
気になって仕事に集中できないかもしれません。

そういう場合は、指値注文をするのが一番手っ取り早いのですが、
もう少し為替の動きの様子を見たい場合もありますよね。


そんな時は、メールサービスを利用しましょう。

為替があるレートに到達したら、
メール通知してくれるサービスがあるブローカーがあります。

最近は多くのブローカーがアラート通知のサービスをしてくれているので、
自分が取引しているブローカーに確認してみてください。


それからもう一つ。


FXを一通り経験した人なら分かると思いますが、
なぜ為替が大きく動くのか、
それは経済指標が絡んでいるからですよね。

これはチャートだけを見ていても気付かない要素です。


ある特定の時間になると、なぜか急に為替が大きく動き出す。

これは、各国で、何らかの経済政策の発表があるからです。

その結果を受けて、
売り、または買いの指示を出すトレーダーが多いから起きる現象です。

特に、その国の経済状況を表すと言われる、
金利政策や雇用統計の発表などは、円単位で動きます。


各ブローカーのホームページを見ていると、
トップページに、必ずその日の経済指標の発表一覧が載っています。

ブローカーによっては、
経済指標一覧を、当日の朝にメールで送ってくれるメルマガもあるので、
登録していて損はないと思います。


ただ、そうは言っても、重要指標の発表時間を忘れていたり、
見逃してしまう時もあって、
トレードに乗り遅れたりすることはありますよね。

デイトレードをしている人なら、
この1秒の遅れが命取りになったりします。


重要指標の発表前にメール通知してくれるサービスがあったら、
なんて思うこともあるはずです。

実は、そんな便利なサービスをしてくれるブローカーがあるのです。







ヒロセのいいところは、
初心者にも優しい1000通貨から始められること、
そして最初に挙げた為替レートのアラートサービスがあること、
それから経済指標の発表前にアラート通知してくれるサービスがあることです。

しかも、それらのサービスは口座を持っている人は全て無料で受けられます。

口座を開設するだけなら無料だし、
維持手数料もかからないので、
そのサービスを受けるためだけに口座を開設しておいて損はないですよ!
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2014.02.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

マネーマネジメントその4

カテゴリ: ├FXの基礎知識編

前回の話の続きです。

残りの8万円をどのように運用するか、
ここに一つのモデルとして提示したいと思います。


まず、50%(4万円)を預金に、
25%(2万円)を投資(FX・株式)に、
25%(2万円)を自己投資(教材・セミナー)に分散させるのがいいでしょう。


最初の預金ですけど、これは基本的には引き出さないお金です。

職を失って収入がなくなった時に使う最終奥義です!笑

一生引き出すことはないぐらいの気持ちがあってもいいと思います。

この感覚を持っている人は資産家になる素質があります。

この預金は給与口座とは別口座に入れておきましょう。


FXの運用の仕方は、
マネーマネジメントその2の記事を参照して下さい。


自己投資は、自分の成長につながる勉強なら何でもいいです。

投資の勉強、資格の勉強、ビジネスの勉強等、
将来新たな利益を生んでくれるスキルですね。

まずは、失業してもすぐに就職できるように、
資格の勉強をしておくのがいいと思います。

具体的には、英語、パソコン、会計(簿記)辺りですね。


それから、投資で失敗しても収入を作れるように、
ネットビジネスの勉強をしておくのがお勧めです。


生活するのに十分な収入がある人は、
自己実現を満たす勉強をしましょう。


具体的には、人間関係(コミュニケーション)のスキルです。

ここが強い人は、職場で強い立場になれるだけでなく、
異性にもてるようになるし、
営業をしている人なら売り上げが確実に伸びるし、
自分でビジネスをする時にも大きく役に立ってきます。


ということで、余ったお金の使い道は、
全て自分の将来のために使うんだと思うくらいがちょうどいいです。

もちろん、きっちり使う必要はないので、
1~2万円くらいは余裕を持たせるようにしましょう。

これは自由に使えるお金で、
自分の欲しいものや趣味や交際費などに使えばいいでしょう。


「1万円て、
 遊びに使える額が少ないやん!」



って思うかもしれませんが、
それは将来収入が多くなってから
自由に使える額を増やせばいいだけの話です。


または、遊びに使わず、自分の応援している
団体などに寄付するのもありだと思います。

例えば、僕の場合は、
大学で所属していたクラブが資金繰りに困っていたら、
ためらうことなく10万円寄付したりしますし、
大学が新たな校舎を建てるのに寄付を募っていたら、
こちらもためらいなく20万円寄付します。


なぜこんなことをするのかと言うと、
見返りがあるからです(笑)


「与える者は与えられる」

という言葉があります。

大学に寄付をすれば、その校舎に自分の名前が掲載されます。

その大学や校舎が潰れない限り、
一生自分の名前が残ります


これってすごくないですか?


記憶には残らないけど、記録には残る。

自分の爪痕を世に残せるんですよ(笑)


思うに、富める者が寄付をするんじゃなくて、
寄付をする人が富める者になるんじゃないでしょうか。

億万長者になったら寄付しようってなるんじゃなくて、
普段から寄付していたらいつの間にか億万長者になっていた、みたいな。


億万長者が皆寄付していないと思いますが、
世の中の成功者たちは、

自己投資をするのは当たり前

に持っている感覚だと思います。

いつか習慣が富を生む話も書いてみたいですね。


そうやって、与えるという行動を続けていると、
回り回って、倍返しで、いや倍返し以上で、お金じゃなく
目に見えないものという形で自分に戻ってきます。

信用とか友情とか感謝ってのはお金で買えない価値がありますから。

なんかマネーマネジメントと話がえらい逸れましたね(笑)


マネーマネジメントの話に戻りますが、
このように、自分の使う額をあらかじめ決めておけば
無駄に使うことがなくなり、
結果的に安定した生活を送りつつ資産を増やしていけます。

出費が多い人は、今一度自分の大切なお金の
使い道をチェックしてみて下さい。


不景気で給料が増えないならば、投資の額を減らす前に
無駄な出費を削る方が優先事項です。

「そうは言っても付き合いがあるから・・・」

とか言ってる人は、
その付き合ってる人といつまでも同じレベルでい続けることになります。

お金をできるだけ使わない付き合い方を模索しましょう。


お金を使う時も、投資する時も、欲しいものを買う時も、
自分の欲望をコントロールできる人は、
間違いなくお金に困る人生を送ることはないでしょう。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2014.02.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

マネーマネジメントその3

カテゴリ: ├FXの基礎知識編

今回の記事では、
普段の収入の中からやりくりする方法について書いていきます。

なので、FXとはさほど関係ありませんが、
マネーマネジメントの考え方はFXに通じるものがあると思います。


あなたが社会人で、自営業でない場合、
パートであろうとフルタイムであろうと、
所属している組織から労働収入を得ていると思います。

その収入の中からFXなどに投資する場合、
どのくらいの額を運用すればいいのでしょうか。


資産運用の話しをする前に、
毎月かかる固定費から計算してみましょう。

固定費と言うのは、家賃や、食費、光熱費など、
生活に欠かすことのできない費用です。

携帯代や保険も固定費に入れても構いません。

交際費は、変動があるので除外しましょう。


さて、それでは質問です。


あなたの手取りの収入に対する固定費の割合はいくらですか?


この割合は、手取りの収入の額によって多少変わると思います。

ただ、目安と言うか目標は
6割以内に抑えてほしいと思います。

多くて7割以内、8割を超える人は、
おそらく貯金ができていない人だと思います。


毎月きれいさっぱりお金が飛んでいく人、
月1万円も貯金ができない人は、
投資で成功することはおろか、
一生お金に困る生活を送る
ことになるでしょう。

貯金をするコツについては、別の記事で取り上げたいと思います。


では話を戻します。

仮に収入が手取りで月20万円(ボーナスなし)なら、
固定費は12万円以内、多くて14万円以内だと分かります。

ボーナスが1ヶ月以上ある人は、7割(14万円)でも大丈夫でしょう。


固定費を12万円以内に抑えるなんて無理だという人は、
生活の見直し(ダウンサイジング)が必要です。

生活の無駄を徹底的に省いていかなければなりません。

場合によっては、
安い賃貸への引っ越しや、
車を手放すことも考えなければいけません。

この辺りの話しも、貯金をするコツと併せていつか書こうと思います。


さて、固定費を6割以内に抑えられたとして、
手元に毎月8万円が残ることになります。

これをそのまま貯蓄に回せば、
年間で100万円近くの貯金ができることになります。

まあ、この生活を続けることができるなら、
夢のマイホームを買うことは難しくありません。


しかし、それでは平凡な人生。

働いて、家庭を持って、家を建てて、老後はゆっくりと、
なんて普通の人生で一生が終わってしまいます。

あなたがこのブログを見ているということは、
僕の生き方に興味があるんだと思います。

お金や時間に自由な人生、
自分の描く理想の人生を送りたいのであれば、
お金は貯蓄と投資に分けるべきです。


では、残りの8万円をどのように運用するか、
ここが一番のハイライトですけど、
記事が長くなってきたので次回に続きます。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2014.02.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

マネーマネジメントその2

カテゴリ: ├FXの基礎知識編

今回のマネーマネジメントの記事では、
具体的な数字を使って、
複利的に資産を運用する戦略を書いていきたいと思います。


と、その前にFXでよく使う単位の話から。


日本の多くのFXブローカーは、1万通貨を1枚、
もしくは1ロットという単位にしています。

なので1000通貨なら0.1枚(0.1ロット)となります。

海外だと10万通貨を1枚(1ロット)にしていたりしますので、
ご自分のブローカーで扱う単位を確認してください。


それから、
1銭(=0.01円)の増減をpipという単位で表します。

1円(=100銭)為替が動けば、100pips動いたことになります。


1万通貨で運用している場合、
1円の為替差益があれば、1万円の含み益が生まれます。


1万通貨、1円(=100pips)の為替変動で1万円の含み益(損)


FXで取引する時は、これを頭に入れておいてください。


では、いよいよ具体的な複利運用の戦略について考えていきます。


元手資金を10万円、レバレッジ10倍で最大100万円を運用できます。

1ドル100円と仮定します。

そうすると、最大で1万ドル分を買う、または売ることができます。


これからドル高(円安)になると思えばドル買い(ロング)、
これからドル安(円高)になると思えばドル売り(ショート)します。


1円(=100pips)の為替差益が生まれれば、
1万円の含み益が生まれます。

10万円の資金を20万円に到達させようと思ったら、
10万円の利益が必要なので、
10円の為替変動による利益、
または売り買い合わせて1000pips分の利益を獲得すればよいことが分かります。


10円の為替変動が含み益であれば問題ありませんが、
もし逆に含み損になっている場合、
10万円の含み損となっているので、
ゲームオーバーです。

実際はそこに行く前にロスカット(強制決済)されますが。


ということで、頭に入れておいてほしいキーワードその2は、


レバレッジ10倍、10円の為替変動または1000pipsの利益で資金2倍、
10円の為替変動または1000pipsの損失でゲームオーバー



続いて、資金を10万円から20万円まで増えたと仮定して、
いよいよ建て玉を増やしていきます。

レバレッジ10倍の法則に従い、
20万円の資金があるならば、
2万通貨に増やします。

2万通貨だと、1円の為替変動で2万円の含み益(損)が発生します。

もし損失が出て、
資金が20万円を割ったらすぐに1枚に戻しましょう


2枚で運用すると、今までの倍の額を儲けることができるので、
次の30万円は今までの半分の獲得数、
すなわち500pipsで達します。

そして、30万円を超えたら3枚・・・という風に枚数を増やしていきます。

こうすることで、レバレッジを10倍に保ちつつ、
100万円に到達する時間を短縮できます。


もちろん枚数が多くなると、
それだけ損をした場合の損失が大きくなるので、
それが気になるようであれば、
100万円になるまでずっと2枚か3枚で運用してもいいでしょう。

これで1枚で運用するよりも早く100万円に到達できます。


資金が増えても取引単位を増やさないということは、
それだけレバレッジも低くなるので、
マネーマネジメント的にもいいですね! ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2014.02.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

外貨長期保有で必須のスワップ金利の知識

カテゴリ: ├FXの基礎知識編

FXは為替レートの変動による差益と、
金利差で増える利益があります。

株式のキャピタルゲイン(値上がり益)と
インカムゲイン(配当金)のような関係と似ているかもしれませんね。


日本円はご存じの通り金利が低いので、
銀行に預けていても、
スズメの涙ほども増えません


一方、他国の金利はというと、
米ドルやユーロは日本と同じくらいですが、
オーストラリアニュージーランドのような資源国は金利が高く、
経済状態が危うい南アフリカ(ランド)は外貨が必要なため、
こちらも金利を高く設定しています。


他国の通貨と自国の通貨の金利には差があり、
この金利差のことをスワップポイントと言います。

ちなみにスワップは交換という意味です。

もし為替の変動がないと仮定して、
他国の通貨を買うと、金利差の分だけ、
次の日にはお金が増えて、または減っています。


外貨預金をする人は、為替の変動による差益よりも、
このスワップ金利による利益を得るために、
長期保有をする人が多いと言えます。

FXで日常的にトレードをするのが苦手だったり、面倒だという人は、
このスワップポイントだけで資産を増やすのも一つの方法です。

他国の通貨を保有するだけで、
自然にお金が増えていってくれるのは嬉しいことですが、
もし円高になった時には、スワップポイントで増える額以上に
損を被ることがあるので注意が必要です。


例えば、1万通貨を買った時に、
スワップポイントで1日60円もらえたとします。

1万通貨では、1pip(=0.01円)で100円(=10000×0.01円)の価値があるので、
スワップポイントは1日0.6pips増えることになります。

しかし、1日経って為替が1銭(=1pip)円高になると、
その時点で0.4pips(=40円)含み損を抱えることになります。


なので、外貨を長期保有する時は、
将来円安になるのを見越しておかなければなりません

円高になればなるほどスワップポイントの利益が消し飛んでいきますから。

とはいっても、実際損失が発生するのは決済(売り戻し)してからなので、
為替が円高から戻ってきた時に決済すれば問題ありません。


さて、先ほどの計算の話の続きに戻ります。

スワップポイントが1日0.6pipsなら、1年で
0.6×365=219pips(1万通貨なら21900円)もらえる計算になります。

何もしなくても2万円ももらえるのはでかい!


しかし、1年後、もし為替レートが
買った時より3円(=300pips)円高になったら
スワップポイントが全て吹っ飛びます(笑)

ということで、スワップポイントで資産運用する時は、
これから円安に向かうという長期的な視野を持たないと、
結果的には大損することもあるので要注意!


ちなみに、このスワップポイントは、
実はブローカーによって多少の差があります。

どうせもらえるなら、スワップポイントが高いところがいいですよね。

このスワップポイントの高さを売りにしているブローカーがあります。






外貨を長期保有しようと思っている人は、
GMOクリック証券が一番スワップポイントが高く、お勧めです。


長期保有する場合は、

・円高がひと段落し、これから円安に入るだろうという見通しを持つこと

・レバレッジは低めに設定すること(どんなに高くても10倍以下)
 →為替差損に耐えるため(ロスカットで強制決済されると利益がパーです)

・一度外貨を保有したら、引き出すまで為替チャートは見ないこと
 →毎日為替チャートを見て一喜一憂するのは精神的に良くない



以上を頭に置いて、
口座にお金を振り込んで外貨を買ったら、
一年は放置する覚悟で! ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2014.02.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

 HOME  >>Next

検索フォーム

プロフィール

トーマス

Author:トーマス
FC2ブログへようこそ!

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。