スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

英検5級対策(リスニング編)

カテゴリ: ├英検5級対策

今回の記事では、英検5級のリスニング対策について書きたいと思います。


リスニング問題に取り掛かる前にやっておいてほしいことは、
何度も言っていますが、
問題の先読みをしておいてください。

過去問を解いている練習中は、
音声を聴きながら問題文を見ても大丈夫ですが、
本番では確実に点を取るために先読みは必須です。


それでは、大問ごとに問題内容を書いていきます。

まず、問題は3部からなり、
第1部は、「イラストの会話の応答にふさわしい文を選ぶ問題」で、
第2部は、「会話の内容に関する質問に対する答えを選ぶ問題」で、
第3部は、「イラストの状況にふさわしい文を選ぶ問題」です。


ここでやっておきたいことは、キーワードのメモです。

どういうことかと言うと、設問でおそらく聞かれるであろうキーワードを
あらかじめ書いておくということです。


例えば、イラストの中にかばんの絵が描かれてあったら、
隣に「bag」を書いておくといった作業です。

第2部は選択肢が英語で書かれてあるので、
そこに書かれてあるキーワードの日本語訳を書いておくか、
質問で使われる疑問文を予想して書くのもいいと思います。

例えば、選択肢に「black, yellow, blue, white」と書いてあるなら、
その色を日本語で書いてもいいし、
「色」または「color」と横にメモ書きしてもいいでしょう。

選択肢がAt+時間ばかりであるならば、
その質問はおそらく「When~?」か「What time~?」であることが分かるので、
横にその疑問詞を書いておきます。


そういった細かいことを書いておくことで、
何に集中して聞けばいいのかがはっきりしてきます

全ての単語を聞き取ろうとするのは集中力と記憶力がいりますし、
全体像を掴むのが困難です。


なので、1語1語は細かく聞き取ろうとせず、
話の流れをおさえること。

それから、何に注意して聞けばいいのか、
目的を持って聞くという意識を持ってください。


これができれば、筆記で思うようにできなくても、
リスニングで挽回することができます。

実際、5級は筆記よりもリスニングの方が圧倒的に簡単で、
余裕で9割を狙えます


なので、よっぽど中1の英語が分からない限り落ちることはありませんので、

「今度英検5級受けるねん!」

って言うお子さんか知り合いがいれば、
このリスニングのアドバイスを是非してあげてくださいね。
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2014.03.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

英検5級対策(筆記編)

カテゴリ: ├英検5級対策

英検5級対策についてこれから書いていきたいと思います。


そもそも英検5級なんて受ける人がいるのか?


って話ですけど、
学校で受けさせられる人以外、受ける人はまずいないと思います(笑)

なので、中学生のお子さんをお持ちの人は、
是非お子さんに教えてあげてくださいね。


まず、筆記試験の時間は25分あります。

これを、20分以内で終わらせるようにしてください。

残り5分で問題の見直しとリスニングの先読みをしておきます。


では、筆記試験の内容と時間配分について書きます。

5級は3つの大問からなり、
設問1は、「単語・熟語などの語彙、文法問題」で、
設問2は、「会話の空所を埋める問題」で、
設問3は、「英作文の問題」です。


設問1を細かく見ていくと、
15問あるうち、12問は語彙(単語と熟語の割合は8:4または7:5)、
残り3問が文法問題という構成です。

設問1を10分以内で解けるようにしましょう

中一レベルの語彙・文法を理解していれば、余裕で終わると思います。

過去問を何度か解いていると、
問題を解く感覚がつかめてきますので、
より早く終わらせることができるようになります。


残り10分で、設問2と設問3を解きます。

設問1を10分以内で解き、
8割を取れるレベルであれば、
設問2と設問3は余裕で解けます。


時間が余れば、リスニングの先読みをしましょう。


次回、5級のリスニング対策について書きたいと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2014.03.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

 HOME 

検索フォーム

プロフィール

トーマス

Author:トーマス
FC2ブログへようこそ!

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。