スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

生活習慣が引き起こす様々な症状

カテゴリ: 健康法・生活習慣

生活習慣が引き起こす慢性的な症状は、
アレルギーだけではありません。


薄毛や抜け毛もそうです。


「ハゲになるのは遺伝やからなあ」


って遺伝のせいにしてませんか?


多少影響はあるにせよ、それは親や先祖がしてきた
生活習慣を受け継いだからそんな体質になっているだけなんです。

生活習慣を変えれば薄毛や抜け毛も解消されます

これは嘘のようで本当の話です。

体質を改善すれば、ハゲの進行は食い止められるし、
若白髪に悩んでいる人は、フサフサの黒髪に戻すことも可能です。


不眠症

これも生活習慣が引き起こす病気ですね。

ただ、不眠症は不規則な生活習慣の他に、
外部からの大きなストレスが原因であることもあるので、
後者の場合は別の対策を打たなければいけません。


では寝不足の場合はどうでしょうか。

過酷な労働環境で、睡眠時間が短くて寝不足だという場合は、
一刻も早く労働環境を変えることをお勧めします。

そうではなくて、いくら寝ても寝足りないという
慢性的な寝不足状態の人がいますね。

これは生活習慣が問題でもあると同時に、
眠りの質を改善しなければなりません


だるい疲れやすい寝ても疲れが取れない

これも慢性的に感じているのであれば、
今の生活習慣が原因ですね。

マッサージに通う人が多いと思いますが、
わざわざマッサージに通わなくても、
生活習慣を見直すだけで
疲れやすい体から脱出することは可能です。


痩せにくい

これも体質のせいにしている人はいると思いますが、
実際は生活習慣が原因ですね。

よくレストランで見かけるのですが、
親が太っていると、その子どもも太っていることが多いです。


なぜか分かりますか?


それは、親自身が、太ってしまう生活習慣を
子どもに強制しているからです。

だから、その子どもが大人になって、
ダイエットに取り組んでも上手くいかないことが多いです。


「私ダイエットしても全然痩せないのよねー」


なんて言ってる女の子が、レストランのドリンクバーで
ジュースを飲んでいますからね。

彼女にとっては無意識な行動なんだろうと思いますけど、
そら外食してたら痩せんやろって話じゃないですか(笑)

痩せにくい体質だからってダイエットを諦め、開き直るのではなく、
自分の生活を見直してください。

今までの生活を変えるわけだからかなりの根気がいりますが、
生活習慣を改善した人だけが痩せにくい体を手に入れるのです。


疲れ目視力の低下

現代生活にパソコンや携帯が欠かせなくなってきて、
まさに現代の生活習慣が引き起こす症状ですね。

視力が低下したらコンタクトをしたり眼鏡をかけると思いますが、
実は、これも生活習慣を見直すことで、
視力を改善させることは可能です。


現代の多くの人が悩む問題というのは、
経済的な問題と人間関係の問題を除けば、
大体の問題は、自分の体の悩みに関する問題です。

そして、それらは生活習慣を見直すことで
解決できる問題ばかりです。


これから、生活習慣の項目について、
詳しく書いていこうと思います。
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

アレルギー症状の昔と今 その2

カテゴリ: └自己紹介(健康との関わり)

僕のアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす物質)は、
食物、花粉、気温の変化など様々な誘因があります。

気温の変化は物質ではありませんが、
免疫力の低下が原因でアレルギー体質になり、
そして気温の変化に反応しやすい体になり、
その結果として起こっているのだと思います。


僕がアレルギー症状が出るのは決まって、


アレルゲンが入っている食べ物を食べ過ぎた時

季節の変わり目など気温が変化する時

冬場など気温が低く乾燥しやすい時


なのです。

このいずれかに該当すると、
手や体が痒くなるなどのアトピー性皮膚炎の症状が出たり、
鼻水・鼻づまり・くしゃみなどの鼻炎を引き起こします。


残念ながらこれらは未だに克服できていない問題です。

ただ、できるだけアレルゲンを含む食べ物を避けることで、
冬以外の季節に関しては、
あまりアレルギーの症状が出ることはなくなりました。

それに、昔とは比べ物にならないほど素肌が綺麗になり、
鼻炎の症状も大分軽くなりました。

一番嬉しいのは、ステロイド剤を使用しなくても
生活できるようになったことです。

最近では、ほぼ鼻詰まりがなくなり、
当たり前のように鼻呼吸ができるようになりました。


ほんの数年前まで点鼻薬がなければ生活できなかったのに!


今では上を向いて眠りに就くこともできるようになりました。

以前は横向きでなければ眠れなかったのです。

そして、点鼻薬をつけてから寝ていたので、
薬の効果が切れる4時間ごとに鼻が詰まりだし、

呼吸困難になって目が覚める

日々が続いたものです(笑)


今では夜はぐっすり眠れ朝は快適に目を覚ませます

生活習慣を変えたことで、寝付けない日々から解放され、
布団に入ってから10分以内に眠りに就くのが
当たり前になっています。

そして、自分の起きたい時間に目を覚ますことができます。

というか、目覚ましが鳴る前に勝手に目が覚めます


睡眠も人生にとって一大テーマとなるので、
これに関しても詳しく書いていく予定です。

なんせ人生の4分の1は寝てますからね。


なぜこれほどまで体質が改善できたのでしょうか?


確かに、この2、3年、いろいろな健康法を試しました。

しかし、劇的に改善してきたと感じたのは、
今年(2013年)に入ってからでしょうか。


今この記事を書いているのが2013年10月ですから、
この1年以内のことです。

もしかしたら、それまで試してきた健康法が効いてきたから、
というのはあるかもしれません。


とにかく昔と今と大きく違うところは、
薬に全く頼っていないということ、
というか頼らず生活しようと心に決めたこと、でしょうか。

そして、症状が起こらないように、普段の生活習慣を変えたこと、
特に食生活には気を付けるようにしました。


ダイエットは食事制限とか食事療法ってイメージがありますね。

ダイエットって体が痩せるだけでなく
体質改善にも効果があるんだってことを身をもって体感しました。


もちろん、誘惑に負ける時もあり、ついつい好きな食べ物に手を出す時もあります。

それでも、薬に頼らない生活ができているのです。

薬なしでは生活できなかった頃には考えられない事実が、
今体験できているのです。


僕は、毎日大好きな肉やお菓子・デザート・スイーツを食べ、
野菜嫌いの典型的なおこちゃま人間です(笑)

アレルギー体質にならないわけがありませんね。

もちろん、そんな生活を送っていた頃は
体は悲惨な状態でした。


そんな僕でもできた体質改善法です。

もしあなたが僕と同じように、慢性的な症状を持っていて、
それについて悩み、ストレスを抱えているのであれば、
一緒に取り組みませんか?


いきなり生活習慣を変えるのは難しいです。

だから、まずは自分ができることから始めていきましょう! ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

アレルギー症状の昔と今

カテゴリ: └自己紹介(健康との関わり)

僕は小さい頃からずっとアトピー性皮膚炎に悩んでいました。

二十歳を過ぎる頃になると、
アトピー性皮膚炎に加えて
アレルギー性鼻炎も併発するようになりました。


ところで、アトピーも鼻炎もアレルギーが引き起こす病気です。

多くの人が悩む花粉症もアレルギー症状ですね。


体内に入るアレルゲン(アレルギー物質)を体外に排除しようとして、
体を掻きむしることで
皮膚から無理やり追い出そうとした症状がアトピー性皮膚炎です。

鼻水やくしゃみで外に出そうとする症状がアレルギー性鼻炎です。

花粉症も、花粉というアレルゲンを
主に鼻を使って追い出そうとしています。


どれも症状としてはまだ軽い部類に入るようです。

これが深刻化してくると、免疫の異常が原因で起こる
膠原病やクローン病などの難病になってしまうようです。


普通の人ならアレルゲンに対して免疫は攻撃しようとしません。

僕みたいに、免疫が外部からの異物に
敏感に反応する遺伝子を持っている人間は、
どんなに体質を改善しようとしても、
100%完全に免疫の異常な反応を抑えることができないのです。

しかし、ステロイド剤(炎症や免疫の働きを抑える薬)を
使えば症状は緩和されます。


ただし、薬には当然副作用があります。

例えば、日常的に使い続ければ、
薬に対しての抵抗ができてしまうので、
軽い薬では効かず、どんどん強くしていかなければならないこと。

そうなると、薬漬けの患者と同じく、
薬の効果が切れると、すぐに症状が起きてしまいます。


薬が切れたことによる禁断症状を思い出すと、
これまでいろんな辛いことが思い浮かびます。


普段の生活で、急に体が痒くなり、
勉強や仕事に全然集中できなくなること。

夜中寝ている間に無意識に体を掻きむしって、
朝起きて悲惨な状態になっていること。

一日中鼻水が止まらず、
ごみ箱はティッシュの山になっていること。

鼻が詰まってまともに寝ることができないこと。

一度くしゃみが出始めたら止まらないこと。
最高で20連発ぐらいくしゃみをしたことがあります(笑)


こんな辛い生活を続けるのは嫌だ!


薬漬けの日々を送る人生から抜け出したい、
という思いから、体質改善に取り組むことにしました。

体質改善に取り組むことで、
100%完全に免疫の異常な反応を抑えることはできないにしても、
少々のことでは反応しない体質に変えることはできます。


何より、薬を使わずとも生活できることが一番大きいです。

それに、いつアレルギー症状が起きるのか
自分で分かる
ようになります。

昔はアレルギー症状が起きるのを体質のせいにしていたから、
なぜ自分がアトピーや鼻炎が発生するのか分からず、
薬に頼るしかなかったのです。


次回、僕がどういう時にアレルギー症状が起こるのか、
そして今どういう状況なのかを書きたいと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

なぜ健康に関する情報発信をしようと思ったのか

カテゴリ: └自己紹介(健康との関わり)

僕が「健康」というものに真剣に向き合い始めたのは
2010年(30歳)のことでした。

なぜ2010年なのかというと、
その当時読んでいたメールマガジンに、
健康法に関する詳しい内容が書かれていて、
その健康法を自分でも実践してみようと思ったのがきっかけでです。


なぜその健康法を実践してみようと思ったのかというと、


お金がほとんどかからない

毎日飽きずに継続できるものである

毎日健康になっている実感がある


と、まさに自分の理想的な健康法であったからです。


健康になるのにまずお金がいらない
ということには大きな衝撃を受けました。

だって、今まで自分の身に起きる病気や症状を、
医者や薬に頼って、すなわち
お金で解決しようとしていたからです。

自分に起こる既往症、慢性的な症状を、
全て自分の体質のせいにしていたのです。


でも、実際は体質のせいじゃなかったのです。


そんな体質を作っていた生活習慣が原因だった


ということに気付かされたのです。


一から自分の生活を見直し、
食事・睡眠・運動・姿勢・呼吸・排泄など、
いろんな角度から自分の生活の改善に取り組んできました。

そうすることで、
今ではどういう時に調子が悪くなるのか分かるようになったし、
自分で体調をコントロールすることもできるようになりました。


これを読んでいるあなたが、
もし何らかの慢性的な症状で苦しんでいるとしたら、
それは今の生活習慣が原因であることは間違いないです。


この健康に関するテーマは本当に深くて、
一冊の本にまとめられるレベルではありません。

何せ人間が悩んでいる物事のベスト3に入りますから。
(ちなみに、他の2つは、「経済的な悩み」と「人間関係の悩み」です)


僕は今では他の悩みについても自分で解決することができ、
素晴らしく有意義で充実した人生を送れていると確信しています。


考えてみてください。

どんなにお金を持っていようとも、
歩けなくなるくらい太っていたら嫌じゃないですか。

その時点で自分のしたいことがほとんどできなくなりますよ。

お金は増えるけどストレスも溜まる人生なんて
送りたくないじゃないですか。


好きな時に好きなものを食べたいがためにお金を稼ごう

なんて夢を描く人の末路は悲惨なものですよ。

若くして大成功し、お金に恵まれた人生を歩む人が、
成功して気が抜け、この生活習慣をおろそかにすると
ロクな目に遭いません。


生活習慣が引き起こす病気は、
癌、脳卒中、糖尿病、脳梗塞などいろいろありますが、
どの病気も、

ほっといたら死ぬまで苦しむ

以外の何物でもありませんから。


病気になってから対応しても手遅れなのです。

医療の技術は進歩していますが、
手術して元の生活に戻れるというものではありません。

薬の副作用があったり、後遺症が残り、
死ぬまで苦しみ続けるのです。


病気になるのは、

「今の生活習慣が原因なんですよ」

という体からのサインです。

症状が軽いうちに早く気付き、
生活習慣の改善に取り組むべきです。


これを読んでいるあなたも、僕と同じように、


いろんな悩みから解放された人生を歩んでほしい


と思い、いろんな悩みがある中から、
「健康」をテーマにした記事を書いていくことにしました。

そして、健康になるにはお金がかからないので、
一番最初に解決しやすい問題だと思っています。


是非、これからの記事を楽しみにしていてください。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

なぜFXを始めたのか?その2(FXを始めてから現在に至るまで)

カテゴリ: └自己紹介(FXとの関わり)

前回の続きです。


ライブドアショック以降、お金の流れは
株式からFXに移行していきました。

買いからしか入れない株とは違い、
個人でも少額で信用取引(信用売り)ができるのがFXの魅力。

証拠金を担保に、
元手の資金の10倍や100倍といったレバレッジで、
個人でも何百万、何千万といったお金を運用できるのです。

レバレッジが高ければ、
儲けが出た時の額が大きいのがFXの魅力ですが、
逆に行った時の含み損を抱えると、
精神的に苦しくなってくるのがFXの魔力でもあります。


FXを始めた当時は、
なぜ為替レートが上がるのか下がるのか分からず、
ある程度下がってきたところで買うとなぜかさらに下がり、
諦めて売りを決めた途端に上昇し出す不思議(笑)

いくら考えても分からないので情報商材を買って勉強しました。

当時はインフォトップなどのASPが台頭し、
情報商材がネットに溢れ返っていました。


2007年はシステムトレード全盛の時代でしたが、
いろいろな商材を買い、
そのほとんどが詐欺商材であると気付いた頃には
いつの間にかお金を使い果たし、
これが最後、と買った
システムトレードの商材も大ハズレ(笑)

今の僕のトレード手法は独自で開発したシステムトレードですが、
その手本となる方法は、
僕のFXブログでも紹介している教材です。

詳しくはブックマークにある
「時代のトレンドに乗るFXシステム」という
僕のFXブログをご覧ください。


これのおかげで、大暴落の起きたリーマン・ショックも、
それ以降の大相場も乗り切ることができました。

僕のブログは2008年から始まっていますが、
こうして2013年現在も
一個人トレーダーとして無事生き残っています。


ブログには必勝法とシステムトレードの手法を公開していますが、
残念ながら為替の相場には
必勝法なる手法は存在しえませんね(笑)


大事なのは手法ではなく、資金管理損切りです。


これは先ほど紹介した教材でも、
著者がメルマガの中で口を酸っぱくして何度も言っています。

絶対に勝てる手法を見つけるのではなく、
負けがあってもいいから最終的に獲得pipsを伸ばすこと、
これがトレードの世界で生き残る術ではないかと思います。


人によってはトレンドに乗るのが得意な人がいるでしょう。

そういう人はトレンドが始まったら乗ればいいのです。

そしてレンジ相場で手を出さなければいいのです。

毎日勝とうとするから勝てないのです。


僕はスイングトレードが得意なので、
買い(または売り)で一旦ポジションを持ったら、
トレンドが変わるまで何ヶ月でも放置します。

こうすることでレンジ相場にもイライラしなくなりましたし、
仮にダマシに遭ったとしても、
それ以上の獲得pipsがカバーしてくれます。

負けた分は収益に占めるコストだと割り切っています。


ギャンブルみたいに一発当って大儲けしてやろう、
みたいな考えでトレードする人は、
9割が負ける相場の世界で生き残っていくことはできないでしょう。

僕はシステマチックにトレードしているおかげで、
無駄な損失は減らし、損失をカバーする利益を上げ、
生き残ることができています。

今や数多くあるブログの中でも立派な古株です(笑)


僕のシステムトレードに興味がある人は、
是非メルマガに登録して、
売買シグナルのメール配信サービスを受けてみてください。

僕と全く同じトレードをするわけですから、
大損ぶっこくことはないと思いますよ(笑) ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

今週のシステムの運用成績

カテゴリ: FX(システムの運用成績)

──────────────
○ 今週のシステムの運用成績
──────────────

豪ドル円中期スイングトレード:

130pips

2013年5月からの

トレード回数:7回
勝敗:4勝2敗1分
勝率:57%
累計利益:1530pips
累計損失:-140pips
最大ドローダウン:-100pips
累計獲得pips:1390pips

豪ドル円長期スイングトレード:

メルマガ購読者のみ公開

NZドル円長期スイングトレード:

メルマガ購読者のみ公開

ユーロドル長期スイングトレード:

メルマガ購読者のみ公開


今週はイレギュラーながら、
火曜日に米雇用統計の発表がありました。

予想よりも雇用者数が大きく減少したのを受け、
ドル安・円高の方向に動きました。

その結果、僕が監視している豪ドル・NZドルは大きく下げましたが、
ユーロドルはあまり大きな変化はありませんでした。

つまりドルと一緒にユーロの価値も下がり、
相対的に価値の変動はなかったのかなと思います。

まあとにかく、今のところユーロドルは
上げトレンドが続いており、
含み益も上々です。

これからの運用を楽しみにしていこうと思います。

──────────────
● 編集後記
──────────────

この二週間、英語に関する記事を書いてきましたが、
残念ながらメルマガ読者の増加には至りませんでした。

もしかしたら興味はあるけど
どこに登録したらいいのか分からない人もいるかもしれませんね。

ブログの右側のブックマークにある
「Step Learning English」
という僕の英語ブログに申込フォームがあります。

または直接申し込みたい人はこちらからどうぞ。
http://mail.os7.biz/m/GDah


僕の英語学習法に関しては、
これをライスワークにしているだけあって、
かなりの自信作です。

もっと世に知られてほしいと思っていますが、
やはり鍵となるのは、
これは素晴らしい方法だと広めてくれる人がいるかどうかですね。

とりあえず一区切りついたので、
というかまだまだ書き足りないことはあるんですが、
次回からは別のテーマで書いていこうと思います。


と思ったけど、その前に一つ気付いたことがあります。

一度消されたFXの自己紹介のページを書き直し、
再びアップしたページがいつの間にか消されていました。

あの時はアフィリエイトリンクを外し、
自分のFXブログに誘導する方向に変えたのですが、
それもダメってことなんでしょうか。

次は全てのリンクを取り除いて、
もう一度アップしようと思います。


これで消されてしまったら、
僕の書いた文章の内容がまずいってことが判明しますね!笑 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

最短で英検に合格する方法 その4

カテゴリ: ├英検合格の秘訣

今まで英検の指導をしてきて分かったことがあります。

それは、


日本人はリスニングが苦手


ということです。

これは漏れなく僕も含まれます(笑)


なぜこんなことが起こるか分かりますか?


答えは単純な話で、


日本語と英語の語順が違う


からです。


日本人なら、


いつ、どこで、誰が、何をしたのか


という情報から知りたいのです。


でも、英語の語順は、


誰が、何をし、どこで、いつ


の順番なのです。

つまり、英語を聞き取れるようになるためには、
発想の転換が必要なわけですね。


もう一つ僕らが悩むことがあります。

それは、


会話、またはスピーチのスピードが速い

長々と話されたらいちいち覚えてられない


ということです。

これは、リスニングの問題の後半部分で問題になるところですね。

TOEICでもリスニングの後半はやたら長くて
かなりの集中力を要します。


次の記事から、
リスニングを聴きとるコツと、
問題を解くコツを書いていきます。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

最短で英検に合格する方法 その3

カテゴリ: ├英検合格の秘訣

前回の記事では、英検の合格ラインに占める
語彙問題の比率が高いという話をしました。

もう一度級別にその割合を書いておきます。


5級: 15 / 30 ( 50% )
4級: 15 / 39 ( 39% )
3級: 15 / 39 ( 39% )
準2級: 20 / 45 ( 44% )
2級: 20 / 45 ( 44% )
準1級: 25 / 69 ( 36% )
1級: 25 / 90 ( 28% )


でも、実際本番では、満点を取るのは難しいと思います。

なので、8割を取ることを目標にしましょう

それだけ取れれば十分合格する力はありますから。


というか8割取れたら合格は見えたも同然です。

今までの経験上、8割以上取ったのに落ちた人はかなり稀です。


なぜそんなことが言えるか分かりますか?


その答えは、以下の数字を見てもらえれば分かります。

仮に8割取れたとして、
あと残りの問題でどのくらい取ったらいいのかを書くと、


5級: 18 / 35 ( 51% )
4級: 27 / 50 ( 54% )
3級: 27 / 50 ( 54% )
準2級: 29 / 55 ( 53% )
2級: 29 / 55 ( 53% )
準1級: 49 / 74 ( 66% )
1級: 70 / 104 ( 67% )


右の数字が大問1(語彙・文法問題)を除いた残りの問題の配点で、
左の数字が大問1以外の問題で取らなければならない得点です。


一番右の割合を見てください。

大問1で8割取れたら、
残りの問題では当然6割(準1・1級では7割)を
取る必要はなくなります。

2級までなら半分ちょっと取れれば十分合格できるんですね。


読み・書きの問題でも8割取れたらどうなるでしょうか。

リスニングがさっぱり分からず
全て勘で記号をマークしても余裕で合格できるでしょう(笑)


ただ、そんな邪道なやり方では英語は身に付いたとは言えません。

もちろん、今すぐに資格を取らないといけないという人は、
リスニング以外で8割取ったらいいのです。


ただ、あなたが目指しているのが、
資格を取ることじゃなくて英語を使えるようになることなのであれば、
当然リスニング力を身につける必要があります。

次回、リスニングについての記事を書きたいと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

最短で英検に合格する方法 その2

カテゴリ: ├英検合格の秘訣

前回の記事では、どのくらいの点数を取れば
合格ラインに届くのかについて話をしました。

もう一度書きますので見てください。


5級: 30 / 50
4級: 39 / 65
3級: 39 / 65
準2級: 45 / 75
2級: 45 / 75
準1級: 69 / 99
1級: 90 / 129


では、この合格点を取るには
何をすればいいのかについて書きたいと思います。


英検の一次試験に合格するには、
スピーキング力以外の、読み・書き・聞きの能力が要求されます。

そして、それは大問ごとに分かれていて、
例えば大問1では語彙・文法力が問われています。


これを級別に書くと、

5級: 15
4級: 15
3級: 15
準2級: 20
2級: 20
準1級: 25
1級: 25

が大問1の満点です。


ここで、先ほどの最低合格ラインと合わせて
見比べてみてほしいんですが、

何か気付いたことはありませんか?


よく考えてみてください。


あることに気が付くと思います。


そう、合格ラインに対する割合が非常に高い
ということが言えます。


先ほどの合格ラインと合わせて級別に比率を書きます。


5級: 15 / 30 ( 50% )
4級: 15 / 39 ( 39% )
3級: 15 / 39 ( 39% )
準2級: 20 / 45 ( 44% )
2級: 20 / 45 ( 44% )
準1級: 25 / 69 ( 36% )
1級: 25 / 90 ( 28% )


英検に合格するためには、
読解力やリスニング力よりも
語彙力が何よりも不可欠だということが分かりますね。


大問1で点数が取れない人は絶対に合格できません。


今まで英検を指導してきた経験と結果から、
この大問1で6割以上取れなかった人で、
一次試験をパスできたのは一握りもいません。

なぜこんなことが起こるのかというと、
語彙力なくしては読解力は身につかないし
リスニング力も身につかないからです。


だって単語を覚えていないのに、
長文が読めるわけない
じゃないですか。


単語の意味も発音の仕方も分からないのに、
リスニングが聞き取れるわけない
じゃないですか。


逆の言い方をすると、
語彙力をとことん身につければ
読解力やリスニング力も自然についてくるし
相乗効果で点数が伸びてくるのです。

最短で英検に合格するためにすること、
それは、とにかく語彙力をつけることです。


語彙力をつける方法に関しては、
英語の力をつける方法というカテゴリに書いてあります。

または、僕のメルマガに登録してもらえれば、
さらに細かいステップで勉強する方法も教えますので、
興味のある方は是非ご登録ください! ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

最短で英検に合格する方法

カテゴリ: ├英検合格の秘訣

英検は、読み・書き・聞き・話しの
四技能が全て必要とされる試験で、
それぞれの級に応じた実力がないと合格できません。

しかし、四技能の全てをまんべんなく鍛えなくても、
実は合格することができるのです。


普通なら、過去問を徹底的に解くと思います。

その方法は間違いではないのですが、
手間もお金も時間もかかってしまいます。


語学学校に行けば、
短期間でみっちり合格する力をつけさせてくれるでしょう。

この記事では、自分一人ででき、
かつ最短で英検を合格する方法を紹介したいと思います。


まず、英検は合格点が明確に決まっておらず、
その時の難易度によって多少変動はありますが、
合格ラインは5級~2級までが6割程度で、
準1級と1級が7割程度です。


これを具体的な数字で書いていくと、


5級: 30 / 50
4級: 39 / 65
3級: 39 / 65
準2級: 45 / 75
2級: 45 / 75
準1級: 69 / 99
1級: 90 / 129


右の数字が満点で、
左の数字以上を取ることが最低合格ラインの目安です。

過去問を解き、左の数字を超えていれば
合格ラインに達したことになります。

ただし、やみくもに過去問を解けば
数字が上がるというものでもありません。

もっと効率的に、短期間で点数を取る方法があります。

次回、そのことについて書きたいと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

音で単語を覚えるメリット

カテゴリ: 英語の力をつける方法

音で覚える語学学習にはたくさんのメリットがあります。

音で覚える学習を続けていれば、
勉強した単語をすぐに忘れることもありません

あなたが中高生であれば、
たった1分も単語テストの勉強をすることもなく
余裕で満点が取れます

満点が取れれば、いちいちやり直しなどの
苦痛な作業をする必要もありません



「一体いつになったらやり直しを出すの?
 今日放課後残って今日中に必ずやり直しを出しなさい!」



と借金の取り立てみたいに催促を促してくるうっとうしい先生との
やり取りもなくなって、快適な学生生活を送れます

中間テストや期末テストなどの定期テストも
一切勉強することもなく余裕で90点以上取れます


また、正しい発音ができればつづりも正確に書けるようになります

つづりが正確に書けるということは、
文を書くスピードも格段に上がります

なので、宿題によくある本文写しの作業時間も大幅に削減できます


単語を覚えているから、
新しいレッスンの新出単語をいちいち調べる必要もありません

圧倒的な語彙力があれば、日本語訳の作業も一瞬で終わります

余った時間は他の教科の勉強に十分費やすことができます

勉強で一番時間がかかる教科は普通は英語ですけど、
一番時間がかからなくなる教科に生まれ変わります


書く方の話ばかりしましたが、英会話でも効果を発揮します。


英会話では自分の言いたいことがすぐに出てこず、
それで悩んでいる人は大勢います。

でも音で覚える勉強を続けていれば、
言葉が反射的に出るようになるので、
自分の言いたいことがすらすら言えるようになります



「勉強しなくてもテストで満点が取れる?英会話ペラペラ?
 そんな魔法のような勉強法があるのかよ!」



と疑いたくなる気持ちも分かります。

でも、正しい勉強法で、毎日それを続けるだけで、
そういったことを達成するのは実は難しくないんですね。


あなたがやることは1日たった10分の作業を毎日続けるだけです。


それはテレビで流れているCMの合間にやってもいいし、
お風呂に入りながらでもいいし、
学校へ来る途中の通学時間を使っても構いません。

すきまの時間を使うだけであなたの語彙力は驚異的に伸び
しかも定着するから、忘れたくても忘れられなくなります


余談ですが、英会話ができれば
別につづりなんて覚える必要ないじゃんって
思っている人も多いと思います。

まあそれはその通りなんですが、
それでも少なくとも中学・高校で習う単語くらいは
書けた方がいいに決まっています。

外国の友達ができてメールを送る時に、
スペルミスばっかりだと印象が悪いし、
外国で働いている人や外国と取引をする人が
スペルミスを連発していれば信用失墜にもなりかねません。

なので、ある程度は正しくつづりを書く技術は必要です。


記事が長くなってきたので、
次回に続きます。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

書いて覚えるだけの勉強をすることほど時間の無駄はありません

カテゴリ: 英語の力をつける方法

書いて覚えるのは一つの方法であり、
それが絶対ではありません。

見て覚えられる人もいれば、聞いて覚えられる人もいるし、
会話の中で覚えられる人もいます。


つまり勉強の仕方は10人いれば10通りのやり方があるんです。

それを自分が一番勉強しやすい方法を選んで
勉強すればいいんです。


でも英語を勉強し始めた時は
どれが一番いいのか分かりませんよね。

特に中学英語は、読む書く聞く話すなど、
英語を使う全ての技術を身につける必要があります。

なぜどれもできないといけないのかと言うと、
中学英語は、英語を使う上での全ての基礎だからです。

中学で習う英語が書け、文章が読め、
単語が聞き取れ、簡単な会話ができれば、
それだけで海外で生活することは可能です。

あとは生活に必要な表現を覚えればいいだけですから。


それにこの基礎力があると、
やや難しくなる高校英語もすぐに理解できます。

高校英語が分からない人は、確実に中学英語でつまずいています。

あなたが今高3で、大学受験を控えているなら、
大学入試対策をやる前に中学で習う英単語を覚えるのが先です。


ただ、その方法として、
書いて覚えるのが唯一の方法で最善の方法だとは
これっぽっちも思っていません。

前にも書きましたが、10回書く暇があったら
30回読む練習ができます
から。


ただし、書けるようになるためには、
当然書く練習もしないといけません。

漢字を目で見ただけで覚えられる人はほとんどいないでしょう。

書くだけに偏ってもいけないし、
目で覚えるだけに偏ってもいけないのです。


一つ言えることは、書いて覚えるだけの方法は、
時間と労力がかかる割には大して記憶に残らないってことです。

残るのは、やり終えた達成感と、手の疲労感と、
ため息交じりの空虚感です。

どんな罰ゲームだよって感じですね(笑)


書くだけの勉強をしても、デメリットしかありません。


あなたが中高生なら、毎週小テストがあると思います。

でも、どんなに書いてもすぐ忘れてしまって記憶に残らない

その結果、いつもテストでは点が取れない。

時間が経つとすっかり記憶から消え、
またテスト前になって覚え直さないといけないから、
勉強時間を取られてしまう(他の宿題もあるのに!)


英検やTOEICの勉強をしていると、
大きな壁となって立ちはだかるのがリスニングの問題。

単語や文章を聞き取ろうにも、
その単語の発音の仕方が分からないから、
聞こえてくる単語が何なのか分からず
リスニング力がつかない。
(発音の仕方が分からない単語は聞き取れません!)


発音の練習をしていないから、すぐ言葉が出ず、
外国人とまともな会話もできない・・・


一体何のために勉強しているんですか


忘れるために勉強しているんじゃないですよね。


時間を潰すためですか?


それなら本読んでる方がよっぽど有意義ですよね。


もう時間の浪費は今日で終わりにしませんか


もっと有意義な時間の使い方があると思います。

もっと効率的に、かつ記憶に残る、
語彙力が定着する方法もあるのです。

それが、「音で覚える学習法」です。


次の記事では、
音で単語を覚えるメリットについて書きたいと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

今週のシステムの運用成績

カテゴリ: FX(システムの運用成績)

──────────────
○ 今週のシステムの運用成績
──────────────

豪ドル円中期スイングトレード:

含み益250pips

2013年5月からの

トレード回数:6回
勝敗:3勝2敗1分
勝率:50%
累計利益:1400pips
累計損失:-140pips
最大ドローダウン:-100pips
累計獲得pips:1260pips

豪ドル円長期スイングトレード:

メルマガ購読者のみ公開

NZドル円長期スイングトレード:

メルマガ購読者のみ公開

ユーロドル長期スイングトレード:

メルマガ購読者のみ公開


今週は米債務上限引き上げが議会で可決され、
ドル円は円高の方向に流れていきました。

ただ、ドルの価値が下がったことで、
他国の通貨の価値が相対的に上がり、
クロス円通貨は軒並み上昇する結果となりました。

ところで、今年からずっと監視しつつ
トレードしていたユーロ円ですが、
残念なことに三連敗を喫してしまいました。

僕のトレードでは月に一度くらいしか売買を行わないので、
3か月も負けが続くと、さすがにシグナル配信を提供するのも
申し訳なくなってしまうので、
ユーロ円のシグナル配信は廃止することにしました。

代わって、比較的トレンドが分かりやすい
ユーロドルを投入することにしました。

こちらはまだ今年からの結果だけですが、
この10ヵ月でほぼ負けなしで1000pips獲得しています。

獲得pipsは他の通貨よりも少ないんですが、
リスクの分散先として運用していこうと思います。

──────────────
● 編集後記
──────────────

最近は英語の記事を書いていますが、
日に日に読者数が減っていってます(笑)

僕のブログは最初からFXに絞ろうと考えていなかったので、
FXに興味がある人は英語には興味がないということでしょうか。

確かに英語の情報は儲かる系の情報とは違うので、
人の食いつき度はそれほどないのかもしれません。


ここでマズローの5段階欲求を思い出すのですが、
人がまず求めるのは第一段階の生理的欲求ですね。

食欲・睡眠欲・性欲の三大欲求と、
物欲や金銭欲辺りでしょうか。

お金がないと生活できないので、
人は儲かる系の情報を求め、
FXに興味を持ち、中には僕のブログを読む人もいると思います。

でも英語をマスターするってのは
最上位の自己実現の欲求に相当することなので、
僕のブログを見ている人で今この段階にある人は
少ないってことになるんでしょうね。

最上位の欲求に行くまでの欲求を満たされないと、
最上位の欲求を満たしたいとも思わないので。


そう言えば、僕のシグナル配信サービスに
申し込んでくれる人が増えてありがたいのですが、
僕のメルマガではアクションを起こさないと
シグナル配信が始まりませんし、
その内メルマガも解除されるので気をつけてくださいね(笑) ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.19 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

あなたは一体何のために英語を勉強しているのですか?

カテゴリ: 英語の力をつける方法

あなたが学生なら、多分その答えとして、

・テストでいい点を取るため
・大学受験で必要だから
・英検やTOEICの資格を取るため


などが思いつきますよね。


あなたが社会人なら、

・昇進・昇給の必要条件だから
・海外で働きたい、生活したいから
・外資系企業で働きたいから
・資格を取りたい、または必要だから
・教養を深めるため


などが挙げられると思います。


ここで「将来英語を使うため」って答えられる人は、
英語に対して勉強するモチベーションがかなり高いと思います。


ではもう一つ質問ですが、

なぜ英語を勉強する必要があるんですか?


あなたが中高生だったら、

・カリキュラムで決まっているから
・大学受験で必要だから
・何となく将来英語が必要だから


など、半ば強制的な意味合いがあるかと思います。

でも、強制的な勉強って、モチベーションが続かないし、
残念ながら成績の向上も期待できません。


よく中高生が先生に対して、

「なんで英語(他の教科も)の勉強しないといけないんですか?」

「英語なんか勉強して何の意味があるんですか?」

「一生日本に住むから将来英語使う必要ないんですけど?」


なんて質問する人がいますよね。


これって単純に聞いてるんじゃなくて、その心理は、

「私は英語を勉強する気はありません」

と言ってるのと同じことなんですね。

そんな最初っから勉強する気がない状態で、
授業を聞いても絶対に身につかないし、
何度書いたところで覚えられるわけがありません。


さらに追い打ちをかけるのが、

「英語は将来いるから勉強せなあかんねん!」

「今からやっとかな後で覚えようとしてもしんどくなんねん!」

「英語は書いてなんぼや!」


と、先生の特権を利用して、
根性論を振りかざす残念な先生がいること(笑)

そんなんで英語を好きになるわけないじゃないですか(笑)

あなたがすでに高校を卒業していて、
英語が苦手で嫌いになっていれば、
ほぼ100%その先生の責任です(笑)


その先生が、英語を勉強する目的、
英語を勉強する理由を説明でき、
かつ英語を書かなければ覚えられない具体的な理由を、
納得のいくようにしっかり説明できるなら、
書いて覚えるやり方もありでしょう。


まずは自分が英語を勉強する目的と理由をはっきりさせることです。


これは人によって、その目的や理由は千差万別です。

しないといけないからという理由だけでは
決して語学力はつきません


その目的が、英語を書けるようになるためだけであれば、
ひたすら書く練習をしたらいいのです。


でも実際はそうじゃないですよね?


英語を使えるようになりたい。


だから英語を勉強しているんじゃないんですか?


それを達成するためには
どういった勉強をすればいいのでしょうか?


次の記事では、
書いて覚えるだけの勉強をする弊害について書きたいと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

なぜ正確な発音をすることが重要なのか

カテゴリ: 英語の力をつける方法

前回の記事では、言葉というのは文字が先にあるんじゃなくて、
音が先にあるという話をしました。

人に何か伝えたいことがあって、
それを伝えるために言葉ができて、
それを後世に残すために文字が発明されたのです。


ある地域では、音を形として残すために
アルファベットが発明されました。

「ブ」という音を形で表すなら「bu」ですね。

ただ、英語を話す地域では、「ア」のように聞こえる音にも
様々なバリエーションが生まれました。


「エ」のように聞こえる「ア」、「ウ」のように聞こえる「ア」など・・・。


それらを文字として表現する場合、
「a」だけだと区別がつきませんよね。

appleの「a」とbusの「u」は
僕らには同じ「ア」でしか表現できないけど、
実際は発音の仕方が違うのです。

発音の仕方が違うからつづりが異なっているのです。


というわけで、つづりを正確に書くためには
一つ一つの単語の発音を正確に覚える必要があります。

正確な発音ができれば、つづりミスが格段に減ります


それに応用が利くようになります。

例えば、bookの「oo」の発音の仕方が分かれば、
woodの発音ができるようになります。


正確な発音をすることの重要性が理解できたでしょうか?


次の記事では、
英語を勉強する理由と目的について書きたいと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

書いて覚える勉強法、間違っていませんか?

カテゴリ: 英語の力をつける方法

1日たった10分の作業を続けるだけで、
あなたの頭から単語が離れなくなり、
忘れたくても忘れられない最強の語彙学習法があるのですが、
その秘密を知りたくありませんか?


あなたは英単語を覚える時、どうやって覚えていますか?


学校では書いて覚える宿題を出されると思います。

でもこれって、ぶっちゃけ効率が悪すぎるんですよね。

だって考えてみてほしいんですが、10回書く暇あったら、
その単語30回は読めますよ(笑)

だから、宿題で出されてしまった分はやるしかないとして、
それ以上は書く必要は全くありません


「じゃどうやって単語を書けるようになるのさ?
 テストでは書けないと点取れないんだよ!」



そんな声が聞こえてきそうですね。

その答えを言う前に、
まず言葉について少し考えてほしいんですが、


あなたは言葉を覚える時どうやって覚えましたか?


小さい頃を思い出してください。

あなたが1歳になる頃、いろんなものを見て言葉を覚え始めます。

外で降っている雨を見て、お母さんが「あめ」って教えてくれて、
その音を真似したと思います。

赤ちゃんが必死な顔して、「雨、雨、雨・・・」
とノートに10回書きするでしょうか?

んなわけないですよね(笑)

そう、言葉というものは音を真似するところから始まるのです。

書いて覚えるものではありません


次の記事では、
なぜ正確な発音をすることが重要なのかについて、
音と文字の関係性を絡めて書きたいと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

どうやって英語の力を身につけたのか

カテゴリ: └自己紹介(英語との関わり)

どうやって英語の力を身につけたのか、
という記事をこれから書きますが、
その前に、英語の勉強の話をしたいと思います。


「勉強」って続けるのが難しいですよね。

英検やTOEICなどの資格を取りたいと思っていても、
英語をしゃべれるようになりたいって思っていても、
勉強を続けるモチベーションが続かずに
挫折する人は多いと思います。


それは、


「勉強というものはしなければならない」


という思いこみがあるのがそもそもの原因であるかと思います。


僕は中学生の時に初めて英語というものに触れた時、


「これは勉強しなければならない」


とは思いませんでした。


「外国人みたいな英語の発音ができたらカッコいい」


とか、


「洋楽をカラオケで歌えるようになりたい」


とか、そんな単純な動機です。

でも、この興味・関心を持つこと
一番重要じゃないかなと思っています。


僕が中学の時にやったことといえば、

・ネイティブスピーカーが発音しているように、
 感情を込めて発音を真似る

・発音記号の読み方をマスターする

・英語の歌を完全に覚えて、歌えるようにする

・教科書を丸暗記し、教科書を見ずに言えるようにする

・毎日英語の日記を書く


などなどです。


一番やったことは、とにかくひたすら声に出して読む
これだけで英語のテストは常に80点以上取っていました。

そうする過程で、自然と文法の力が付き、
ライティングの力も付き、
ネイティブの人とも臆することなくしゃべれるようになりました。


僕はそれほど敷居の高いことはしていません。

単語を覚えるために書きまくるとか、
問題集を解きまくるなど、
苦痛の伴う作業もほとんどしていません。

誰でもできることをただ続けていっただけなのです。

これを一人でやれる人は、
上記のことを続けていれば自然と英語の力は付きますが、
一人ではモチベーションが続かない人は、
語学学校に通うのも一つの方法だと思います。


僕はそもそも英語に興味・関心があったので、
一人でできたんだと思います。

お金がある人は語学学校に通い、
仲間や先生とともに勉強に励めばいいと思います。


僕はお金をほとんどかけずに、
英語の力を身につけることができたので、
このブログでは、お金をできるだけかけずに
英語の力を身につける方法を提案したいと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

英語との出会い

カテゴリ: └自己紹介(英語との関わり)

自分と英語との出会いについて書きたいと思います。


初めての英語との出会いは中学の英語の授業から始まります。

その時にお世話になった英語の先生は、
とても発音が上手かったのを覚えています。


「あんな風にぺらぺらしゃべれるようになりたい」


この衝動が僕の英語の勉強に対する動機となりました。


そして、その先生は、いろんな英語の歌を紹介してくれました。

誰もが知っているビートルズやカーペンターズなどですね。


洋楽を初めて聞いた時、


「これはカッコいい!洋楽をカラオケで歌えるようになりたい!」


と、さらに英語を勉強するモチベーションが上がります。


今思うに、英語が得意になる人と苦手になる人の違いは、
この最初の英語の学習の取っ掛かりが
大きいんじゃないかなと思います。

英語が苦手になる人は、発音のカッコ良さとか洋楽とか洋画とか、
そういったものに興味がなかったのかもしれません。

または、上手い発音ができるようになりたいとか
英語をしゃべれるようになりたいといった
憧れがなかったからなのかもしれません。


いや、憧れはあっても、

「自分は頭が悪いからどうせ自分には無理だ」

という諦めの気持ちがあるのかもしれません。

僕にはそれがなかったから、
英語が好きになり、得意教科になり、
それが一層自分への自信をつけさせてくれたのかもしれません。


次の記事では、
僕が一体どうやって英語力をつけることができるようになったのかを
書きたいと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

なぜ英語学習の情報発信をしようと思ったのか

カテゴリ: └自己紹介(英語との関わり)

僕と英語との関わりは中学からスタートします。


それから20年の時を経て現在の自分があるわけですが、
それまでに、

・英語の教員免許
・英検準1級
・TOEIC845点

と、一応それなりの資格を取りました。


英語の資格があれば、英語を使った仕事、例えば

・教員
・家庭教師
・塾講師
・予備校講師
・英会話講師
・翻訳

などの仕事ができます。


やはり資格があると仕事に困らないので、
ないよりはあった方がいいと思います。


そして、自分の語学学習法が体系化されてきたことと、
これまでの仕事を通じて、
僕の提唱する語学学習法が普遍的に効果がある
ということが証明されてきました。

僕の教えた方法の通りにやった生徒の成績が伸びたんですね。

同じく英語を使った仕事を持つ同僚や同業者の方に聞いても、
やはり僕の理論は確実に効果があるとお墨付きを頂いたのです。


「その構築されたノウハウを是非公開してほしい」

「みんなでシェアし合って英語教育を発展させたい」


そういった声が上がり、ついにこうして
あなたの前にお届けできるようになりました。


あなたがこの記事を読んでいるということは、


・英語を勉強したいけど勉強の仕方が分からない

・語彙力がなかなか身に付かない

・英会話で自分の言いたいことがすぐに出てこない


というお悩みをお持ちなのかもしれません。

それか単純に僕のことに興味がある
ファンなだけかもしれません(笑)


これから、英語の語彙習得に関する記事を書いていきますので、
是非楽しみにしていてください! ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

今週のシステムの運用成績

カテゴリ: FX(システムの運用成績)

──────────────
○ 今週のシステムの運用成績
──────────────

豪ドル円中期スイングトレード:

トレードなし

2013年5月からの

トレード回数:6回
勝敗:3勝2敗1分
勝率:50%
累計利益:1400pips
累計損失:-140pips
最大ドローダウン:-100pips
累計獲得pips:1260pips

豪ドル円長期スイングトレード:

メルマガ購読者のみ公開

NZドル円長期スイングトレード:

メルマガ購読者のみ公開

ユーロ円長期スイングトレード:

メルマガ購読者のみ公開


小さな下げの引き波が先週で終了し、
今週は再び上昇していく展開となりました。

円安傾向は今後も続いていくことが予想されます。


──────────────
● 編集後記
──────────────

毎日記事を更新しているせいか、
毎日100人近い人にブログを見てもらえています。

ただ、メルマガの登録は全然増えず、
購読者は減る一方です(笑)

誰も僕の売買システムのメール配信サービスには
興味ないのかなあ。

それかアメブロから直接メルマガに登録できないから
登録の仕方が分からない人がいるかもしれませんね。

もしメール配信サービスに登録したいという人がいましたら、
このページの右側のお気に入りの
時代のトレンドに乗るFXシステムというブログから
登録をお願いします。

ちなみに直接登録したい方は、こちらからどうぞ。
http://mail.os7.biz/m/V3nR ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

なぜ売買シグナル配信サービスを始めようと思ったのか?その2

カテゴリ: ├シグナル配信サービス

今回の記事では、他のブログサイトとの関連から、
なぜ売買シグナル配信サービスを始めようと思ったのかについて
書きたいと思います。


世の中には数多くの情報商材が出回っています。

そして、数多くの自動売買システムが存在します。

FXで勝ちたいと思っている人は、
勝てる手法を探して、いろんな情報商材を購入したり、
自動売買システムの比較サイトを見たり、
FXブログを見回っていると思います。


しかし、残念ながらほとんどのブログは信用するに値しません。


なぜそんなことが言い切れるのか?


それは、そのFXブログが

実際にトレードをしていない

からです。


なぜそんなことが分かると思いますか?

答えを言う前に、ブログ村でも人気ブログランキングでもいいので、
上位にランクインしているブログを読んでみてください。

そして、そのブログの記事の書き方に注目してほしいのです。


以下のテーマで書いているブログは、

まず実際にトレードしていない

と考えていいでしょう。


FX情報商材の実践・検証ブログ

FX情報商材の比較ブログ

FX自動売買システムの運用ブログ


上に挙げたブログで共通するのは、
一つの、または複数の情報商材の手法通りにトレードしているか、
自動売買システムを運用していて、
あたかも利益を得ているように見せています。

そして、人が食いつきやすいように、
今日は何円儲かったという風に、
必ず稼いだ額を公表しています。

これが本当じゃないかと思わせるトリックなんですね。


実際は、ライブ口座で取引していなくて、

デモ取引で運用しています。

ただ、読んでいる方はライブかデモかは分からない。

その証拠に「ほれ」と言わんばかりに
所得証明をブログに載せています。

でも、これはトレードで稼いだ所得じゃないんですね。


なんでそんなことが言えるのかというと、
先ほど挙げたブログは全て、

他人が書いた情報商材

または他人が開発したシステム

についての内容だからです。


そして、実践(運用)結果を見たあなたが、
この情報商材(またはシステム)なら信用できると、
そのサイトのリンクをたどって、その商品を買うとします。

そうすることで、商品を紹介した人に紹介料が入ります。

この紹介料制度のことを
ネットビジネス用語でアフィリエイトと言います。

つまり、ほとんどのFXブログは、
別名アフィリエイトブログなわけです(笑)

アフィリエイトをすることで収入が入るなら、
リスクを冒してでもFX投資する必要ないじゃないですか。


アフィリエイトブログの収入の仕組みについて
理解できたでしょうか?


1.紹介したい情報商材(またはシステム)を選ぶ。

2.商材(またはシステム)の通りに売買する(デモ口座で)。

3.実際に稼いでいるように見せる。

4.そのブログを見た人が、
 そのブログから情報商材(システム)を買う。

5.アフィリエイト収入が入る。


月収何百万とか何千万とか稼ぐブロガ―は、
FX投資をせずとも、
こうやってアフィリエイトだけで稼いでいるんですね。

FXのアフィリエイト報酬はでかいですよ、
一件紹介するだけで1万とか2万とかザラですから。

それはそれで素晴らしい才能だと思いますが、
それはFXではなくビジネス面での話です。


ということで、FX業者の比較サイトや商材レビューサイトも、
同じ原理で稼いでいるということが分かります。

ではなぜそんなブログが、
ブログのランキングやFXの検索で上位に入るのか?


それは、上位に入ることで多くの人に見てもらえる

→そして中には引っかかるバカがいる(笑)

→でもブロガ―は儲かるからさらにブランド化する

→取り巻き(信者)に新たな商品を紹介して収入ゲット!


だからブロガ―はランク上位に入るのに必死になるわけです。

そんなブログばかりだから、
世の中はFXで稼げない人だらけなわけです(笑)

ネットビジネスも同じ理屈ですね(笑)


僕が売買シグナル配信サービスを始めようと思ったのも、
訳のわからない情報商材や
自動売買システムにお金をつぎ込むよりも、
よっぽど自分のシステムの方が稼げる
ということを主張したかったからです。

僕の投資手法のベースは、確かに他の人の商材ではあるけれど、
現在はそれに自分のオリジナルを加え、
それをシステム化しています。

僕がこの先未来永劫FXで稼ぎ続ける
という保証はどこにもありませんが、
少なくともアフィリエイターよりはよっぽど

まともに稼いでいると思いますよ(笑) ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

なぜ売買シグナル配信サービスを始めようと思ったのか?

カテゴリ: ├シグナル配信サービス

今回の記事では、なぜ僕が
売買シグナルのメール配信サービスを
始めようと思ったのかについて書きたいと思います。

この内容に関しては、自己紹介のページの、
なぜFXの情報発信をしようと思ったのか
の記事の内容と被るのですが、

僕はこれを読んでくれているあなたに経済的自由になって、
充実した人生を送ってほしいという想いがあります。

これを読んでいるあなたが、
会社員なのか学生なのか主婦なのかは分かりませんが、
僕のブログを読んでいるということは、
少なくともFXに興味があって、
FXで勝てる方法を知りたい、
またはFXで収入を得たいと考えているのだと思います。


僕は、自分の知っているノウハウはブログにほぼ公開しています。

世の中には、他にも勝てる方法はありますが、
僕にとっては、今のシステムでトレードするのが
自分のスタイルに合っているというだけのことなのです。

だから、一日10pipsを獲得して、それを積み重ねていくという
デイトレード(スキャルピング)は苦手ですし、
チャートに一日中張り付いて、モニターを監視するなんて
精神的苦痛を味わいたくないので、
たとえそれが100%勝てる手法だとしても、
やりたいとも思わないのです。


なぜなら、僕がFXでトレードしている目的は、

「お金を稼ぐことじゃない」

からです。


これを聞いて不思議に思った人もいるかもしれません。


お金を稼ぐためにFXやってるんじゃないの

って。


僕の肩書は、

日常のプチ贅沢を楽しむFXトレーダー

です。

僕の考えるプチ贅沢は、自己紹介の記事にも書きましたが、

大金はたいて贅沢な暮らしをすることではありません。

かといって、普段はつつましい質素な生活をして、
たまに贅沢をすることでもありません。

「日常的にプチ贅沢をすること」

なのです。


それをするのには経済的なゆとりが必要だし、
生活(人生)を楽しむことを目的とするんだから、
チャートに一日中張り付いて、
精神的にイライラしたりするなんてのはナンセンスなわけです。

「今日も10pips獲れたぞー!ひゃっほー!」

と、モニターの前でガッツポーズをする人生楽しいですか?

ってことなんです。


お金を稼ぐことを目的とする人生楽しいですか


大事なのは、

「人生をどう生きるか」

じゃないですか。

僕は、お金も稼ぎながら、そのお金を使って
プチ贅沢を楽しみたいのです。


人に対して、

「おれ金持ってんだぜ、すごいだろー」

と自慢することに何の意味も価値も感じられないのです。


さて、話がだいぶそれてしまったので元に戻します。

なぜ売買シグナル配信サービスをしようと思ったのか、
それは、あなたに売買シグナルの
メール配信サービス
を利用してもらうことで、
資産を増やして、経済的自由になってもらいたいからということ。

そして、デイトレードではなくスイングトレードなので、
時間的拘束・精神的苦痛から解放され、
時間的・精神的自由を味わってほしいということです。


経済的自由と時間的自由が合わされば、
僕のように日常のプチ贅沢が味わえます。

もちろん、プチ贅沢ではなく、
貯蓄に回したり、複利運用してさらに資産を築く
といった資産の活用法もあります。

人の人生、それぞれですから、
何も僕のように日常のプチ贅沢を味わう必要はありません。

僕はこの生き方が好きだからこれを提案し、
そんな生き方をブログで表現しているだけなんです。


でも、もし僕の生き方に共感し、
一緒に日常のプチ贅沢を共有できる仲間が増えれば、
こんなに嬉しいことはありません。

僕は、夏はマリンスポーツをしたり、冬はスノーボードをしたり、
春・秋はいろんなところへドライブに行ったり
温泉巡りしたりするのが好きです。

普段は少し豪華なランチを食べたりカフェ巡りをしています。


経済的・時間的自由になって、
僕と一緒にプチ贅沢を楽しみませんか?


老若男女関係なく、一緒にアクティビティを楽しみましょう!

そして、そのために、まずは資産を増やすこと、
その候補の一つとして、僕の売買シグナル配信サービス
利用してくれればと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

売買シグナル配信サービスの勝率と実績について

カテゴリ: ├シグナル配信サービス

今回の記事では、
売買シグナル配信サービスの勝率と、
これまでの実績について書きたいと思います。


まず勝率についてですが、
損失は必ず発生するので、100%勝てるということはまずありません。

そんなシステムはそもそもこの世に存在しえませんし。

僕のシステムの勝率は、勝ち負け5分5分といったところです。

ただ、損失よりも利益の額の方が大きいので、
トータルで勝つことができるのです。


なぜ利益額の方が大きいのかというと、
損切りラインより利益確定ラインの方が幅が広いからです。

トレンドが出れば出るほど利確ラインが切り上がり、
相対的に利益の比が大きくなるわけです。


それで、損切りラインについてですが、
これは何pipsを損切りラインにするという明確なことはしていません。

その時の相場のボラティリティ次第といったところです。

ただ、これまでの運用結果の目安として、
0~200pipsの幅で損切りをしています。

2連敗をしても350pips以内に抑えています。

これ以上損失を増やすと、そのシステムは使い物にならないという
僕なりのルールがあるからです。

もし350pips以上の損失が出た場合は、
システムの見直しを行っています。


現在はその改良に改良を重ねたシステムで運用しているので、
ここ半年以上は現在のシステムで機能しています。

もちろん、バックテストも行っているので、
ずっと過去から通用しているし、現在も通用できるシステムです。


さて、一方利益の額はどれくらいかと言うと、
こちらも相場によって大きく変動します。

月に一度も決済することがなければ0pipsですし、
含み益を増やし続けて決済した時は、
1000pipsを超える月もあります。

損失と利益の額を合わせると、
月当たり平均200pipsといったところでしょうか。

したがって、僕のシステムは年間で2400pipsを目指しています。


2400pips取れれば、例えば10万円を証拠金に、
1万通貨で運用すれば、平均として毎月2万円の利益、
年間で24万円の利益が出ることになります。

年利で換算すると240%ですね。

元手に対して2.4倍ですよ。


銀行にお金を預けても、
年利は0.1%もないことを考えると、
実はこれはすごいことなのです。

もちろん、毎年2400pips稼げるとは断言できませんが、
もし毎年資産が2倍増えるとして、
それを複利運用すれば、
10年後には2の10乗で、1024倍になっています。

10万円が10年後には1億円になっているわけです。

複利の力はすごいですね。

まさに利益が利益を呼ぶのです。


以上が僕のシステムトレードの特徴となています。

スイングトレードのメリットと、
システムトレードのメリットを合わせれば、
僕の考える、

「究極に楽に資産を増やせる」

システムが出来上がったわけです(笑)

もしこの記事を読んでみて、
売買シグナルのメール配信サービスを受けてみたいと思った人は、
メルマガに登録後、メールに記載されているURLより
メール配信サービスにお申し込みください! ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

売買シグナル配信サービスの特徴その2

カテゴリ: ├シグナル配信サービス

前回の記事では、スイングトレードのメリットについて書きましたが、
今回の記事ではシステムトレードのメリットについて書こうと思います。


システムトレードのメリットとして、

人間が犯してしまう余計な迷いを排除できる

ということが挙げられると思います。


例えば、トレードの大事な手法として損切りがありますが、
裁量トレードをしていると損切りを積み重ねてしまうことがあります。

エントリーと逆を行って損切りをした時、
こちらの意に反して戻ってくることがありますよね。


こんな時、

「あの時損切りしなければ・・・」

と思うことがよくあると思います。


エントリーと逆を行っても、しばらく待てば戻ることもあるので、
上記のようにすぐに損切りをして、
損失を積み重ねてしまうミスを防ぐことができます。

もちろん損切りラインは設定されているので、
含み損を大量に抱えたまま
塩漬けするということはありません。


このように、僕のシステムトレードは、
裁量トレードによる細かい損切りによって生じる
損失の積み重ねを防ぐことができます。


他にも、利益が乗ってきた時は
心理的に早く利確したくなりますが、
早めに決済したことにより、
本来ならもっと取れるはずだった利益を逃すこともありません。


まとめると、僕のシステムトレードは、損失を限定しつつも、
トレンドが出ればそれだけ利益を伸ばし続けるシステムと言えます。


次の記事では、僕のシステムの勝率と、
これまでの実績について書きたいと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

売買シグナル配信サービスの特徴

カテゴリ: ├シグナル配信サービス

僕の売買シグナル配信サービスの特徴について書こうと思います。

まあ、メルマガに登録して、
売買シグナルのメール配信サービスを申し込んでくれたら
一番手っ取り早いんですけどね(笑)


まず僕のシステムはトレンドフォロー型の運用スタイルで、
トレンドが出れば、ひたすら利益を上げ続けるシステムです。

僕のトレードスタイルは、その日の内に売買を決済する
デイトレード(スキャルピング)ではなく、
何日も、何週間も、時には何ヶ月も買い(または売り)の
同じポジションを持ち続けるスイングトレードです。


僕はシステムを複数運用していて、
1ヶ月~半年スパンのトレンドを見る長期スイングトレードと、
1週間~1ヶ月スパンのトレンドを見る
中期スイングトレードを行っています。

トレンドが発生していないレンジ相場の時も、
ずっと同じポジションを持ち続けるので、
決済して様子を見るということはせず、
トレンドが明確に反転した時、ドテン売買を行います。

このように、無駄なエントリーが少ないので、
損失を最小限に抑えています。


スイングトレードのメリットとして、

一日中チャート画面を見ている必要がない

ということが挙げられると思います。


チャートの値動きに翻弄されて、
焦ったりイライラしたりするストレスから解放されるわけです。

先ほどシステムを複数運用していると書きましたが、
これは中期・長期に分けているだけでなく、
通貨も分散したポートフォリオ方式です。

なので、ある通貨で損が出ても、他の通貨で利益が出れば、
トータルで損失をカバーできます。

また、中期にしても長期にしても大きなトレンドを捉えているので、
サインが出てすぐにエントリーができない状態でも
乗り遅れることはないし、大きな損失につながることはありません。


まとめると、僕のシステムのメリットとして、

・一日中チャートを見るストレスから解放される
・複数通貨で損失を分散している
・サインが出てから遅れて入っても大きな損失につながらない


ということです。


次回の記事では、
システムトレードのメリットについて書きたいと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

今週のシステムの運用成績

カテゴリ: FX(システムの運用成績)

──────────────
○ 今週のシステムの運用成績
──────────────

豪ドル円中期スイングトレード:

トレードなし

2013年5月からの

トレード回数:5回
勝敗:3勝2敗
勝率:60%
累計利益:1400pips
累計損失:-140pips
最大ドローダウン:-100pips
累計獲得pips:1260pips

豪ドル円長期スイングトレード:

メルマガ購読者のみ公開

NZドル円長期スイングトレード:

メルマガ購読者のみ公開

ユーロ円長期スイングトレード:

メルマガ購読者のみ公開


今週はまさかの雇用統計・失業率の発表がキャンセルされ、
思ったほどの動きはありませんでした。

安部首相が消費税増税を発表しましたが、
これも織り込み済みなのか、
あまり大きく動くことはありませんでした。


──────────────
● 編集後記
──────────────

amebloに引っ越して一週間が経ちました。

今までFC2のアクセスは一日平均10人もおらず、
ブログを書いた日でも多くて20人くらいだったのが、
今や100人近い人に見てもらえることになりました。

やっぱりアメブロのブランド力はでかいですね。

100記事に到達するまではノンストップで
毎日更新していきますので、
これからも記事の更新をお楽しみください!

ちなみに、このアメブロはFX以外にも、
僕の興味・関心のあることや
僕が実際にしているビジネスなども書いていきますので、
興味がある方はそちらの記事も是非ご覧ください。


ところで一つ前の記事が非表示にされてしまいました。

多分アフィリリンク貼ったのが原因なんでしょうか。

なぜ消されたのか原因が分からないので、
アフィリリンクを取り除いて、
明日もう一度アップロードしようと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

なぜFXを始めたのか?(大学卒業~FXを始めるまで)

カテゴリ: └自己紹介(FXとの関わり)

僕は2003年に大学を卒業し、社会人になり、
サラリーマンとして働き始めました。

実家に住んでいるので、給料の半分は家賃に、
残り半分は全て自分のものだったので、生活は楽でした。

遊びや食事に使っても、年間100万貯めるのは余裕でした。

フルタイムで働いていた当時は、しっかりお金を貯めて、
30までに1000万貯金しようという目標がありました。

しかし、20半ばを過ぎ、貯金も大分貯まってきたところで、
僕の中にふと疑問が起こりました。


一体何のためにお金を貯めているんだろう?」


実家に住んでいるので、新たに住居を買う必要がない。

嫁も子どももいない(笑)

車も自分が一番欲しいものを買った。


あとは一体何にお金を使えばいいのだろうか?


お金を貯める意義が見出せなくなってきた頃、
偶然一冊の書籍を手にしました。


ロバート・キヨサキの「金持ち父さん、貧乏父さん


これは僕のみならず、全世界の読者に
衝撃を与えた一冊といっても過言ではないでしょう。

定年まで働いて健全に暮らしていこうという安定志向から、
世界中を旅行し、豪邸を建て、早期リタイアしたいという
心からの欲望が僕の心を支配していました。


お金を増やすのは労働だけじゃない。

ビジネスオーナーになるのも一つの収入。

ビジネスを売るのも一つの収入。

投資で収入を得る生き方もある。


しかし、ビジネスの仕組みが一切分かっていなかった
当時の僕の選択肢としては、
投資でお金を増やす方法しかありませんでした。

当時はネットバブルでライブドアの株がうなぎ上りになっていた頃。

僕も流れに乗ってライブドアや関連会社の株を買い漁りました。

300万円ほど投資したでしょうか。


半年後、残ったお金はたったの30万円(笑)


株は買いでしか入れないので(信用取引はカラ売りもできますが)、
下がる株は儲けようがないのです。

そこで次に始めたのが、
個人でも少額で信用取引ができるFX(外国為替証拠金取引)。


記事が長くなってきたので、次回はFXを始めてから
現在までの話を書こうと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

私の人生観・生き方

カテゴリ: └自己紹介(FXとの関わり)

前回の記事では「楽」について書きましたが、
今回の記事では、僕の人生観・生き方との関わりについて
書きたいと思います。


僕がフルタイムで働いていた時には、

「いかに楽に仕事をするか」

ということばかり考えていたのですが、
どんなに時間に余裕ができても、
時間的拘束から逃れられないのです。

生活が楽になっても、
仕事が楽になっても、
何か満足感が得られないのです。

自分にとって人生を充実させるものは何かを考えた時、
楽になることだけじゃないと気付いたのです。


「楽しい」という言葉は
「楽」という漢字を含んでいます。

そう、つまり僕は楽になりたいという願望を持ちつつも、
楽しい人生を送りたいと思っていたのです。


楽しい人生とは何か?


僕にとっての楽しい人生とは、

自分の時間を自由に使える時間的ゆとりがあって、
 自分の趣味を心ゆくまで楽しむこと


です。


フルタイムで働いていると、
1日24時間の内、通勤時間や残業時間も含めて
12時間近くも拘束されます。

人生の半分は仕事に費やされるわけです。

仕事が楽しくて仕方がない人はそんな人生を送るのもありでしょう。

しかし、仕事は楽しいことだけじゃありません。

辛いことやしたくないことも中にはあるし、
人間関係にも気を遣います。


定年退職した後、自分の人生を振り返ってみて、

「若い時にもっと行動しておけば良かった」

と後悔することになりはしないだろうか?

あれもこれもしたいと思った時、
もう体は年老いていて自由に動いてくれません。

そんな人生送りたいのかと考えた時、
フルタイムで働く意義を見出せなくなりました。


もし現在もフルタイムで働いていれば、
資産は今よりずっと多いでしょう。

でもパートタイムで働いている今の方が
人生は何倍も楽しいと感じているし、
好きな趣味にも没頭できている今にすごく充実を感じています。


もちろん、パートタイムで働こうと決めた時は
勇気と決断がいりました。

ただ、FXで収入ができ始めてから、
収入面での不安は解消され、
フルタイムで働くのをやめて良かったと今は確信しています。


これを読んでいるあなたに僕と同じ生き方をしろと
言うつもりはありませんが、


・今の生き方で本当にいいの?

・そのままの生き方を続けて、歳を取ってから後悔しないか?



これを自問してみてください。


もし今の自分の生き方に不満があるのでしたら、


・何に不満を感じているのか

・どうすればその不満が解消されるのか



を考えてみてください。


その答えが、例えば時間的な自由を求めているのであれば、
フルタイムで働くのをやめる道があるだろうし、
経済的な自由を求めているのであれば、
ネットビジネスなどの副業をする、
株式やFXなどから副収入を作る
という方法が考えられると思います。


僕は時間的拘束から解放されて、

「こっちの世界は楽しいよ!こっちへおいでよ!」

と手を振っているだけなんですよ(笑)

あなたが勇気を持って決断し、
こちらの世界に足を踏み入れてくれるまで
首を長くしてお待ちしています。


上がらないお小遣いをちまちま貯めるより、
働かずに収入を増やしませんか?

投資に興味を持った方、
FXで収入を増やしたいと思っている人は、
是非メール配信サービスに登録してください!

一緒に資産を増やして経済的に豊かになりましょう!


さて、次の記事では、なぜ僕がFXを始めたのかについて、
前回の記事との関わりからもう少し詳しく書こうと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.02 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

私のキャラクターその2(私のダークサイド)

カテゴリ: └自己紹介(FXとの関わり)

自己紹介の続きです。


自己分析を深めていくと、自分のダークサイドに気付きます。

僕のダークサイドの一つは、

「楽をしたい」

ということです。

例えば、

「楽して仕事をしたい」
「楽に女性と出会いたい」
「楽して儲けたい」


などなどです。


世の中に、

「楽して痩せるダイエット」

という商品が相も変わらず売れ続けていることから、
人間の欲求の中には誰しも

「楽したい」

という気持ちはあるかもしれません。


そして、僕はその

「楽したい」

に徹底的にこだわるんですね。


「どうやったら楽ができるか」

を徹底的に考えるんです。

楽になるために知恵を振り絞るんです。


ただ、その思考内容が、例えば仕事の場合、

「どうやって仕事をさぼろうか」

ということではなく、

「どうやって仕事を早く終わらそうか」

とか、

「どうやって効率的に仕事を進めていくか」

とか、

「どうやって仕事の集中力を高めようか」

といった方向に行くわけです。


これはある意味、

「楽して仕事をしよう」

という考えとは反対の考えかもしれませんね。


しかし、仕事を早く終わらすために、
仕事の効率化を進め、集中して取り組めば、
実は意外と仕事が楽になるんです。

早く仕事が終わるので、時間に余裕が生まれ、
結果的に楽ができるんですね。


僕がFXを始めた理由の一つに、

「楽して儲けたい」

というのがあります。


肉体労働をしなくてもお金が勝手に増えるわけですから、
こんな楽なことはありませんよね。

もちろん、相場は甘くないです。

FXを始めた頃は負けまくりです。

勝てるようになってきたのもここ最近のことです。


なぜ勝てるようになってきたのか


それはさきほどの

「楽して仕事をしよう」

の概念と通じるものがあって、つまり、

「どうやったら含み益を伸ばせるのか」

とか、

「どうやったら損失を最小限に抑えられるのか」

とか、

「どうやったら無駄なトレードをしなくて済むのか」

これらを徹底的に研究し、幾多の検証を重ねた結果、
現在のシステムトレードが僕のコンセプトと一致したのです。


ダークサイドというとネガティブな印象がありますが、
自分のダークサイドと正面から向き合い、
それを克服することで、
それが自分の強みにもなったりするんですね。

僕の場合は一般的な「楽」という概念とは
異なるかもしれませんが、
それでも自分にとってはそれが「楽」に感じるんですね。


相場でなかなか勝てないと悩んでいる人は、
トレードの仕方を再構築するとともに、


・自分の性格をよく知ること

・自分の性格に合ったトレードスタイルを築くこと

・欲望や誘惑を克服すること



これで収益は大きく改善します。

これでも勝てなければ
僕のメール配信サービスをご利用ください(笑)


さて、次の記事では、「楽」をテーマに
僕の人生観や生き方について書こうと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.10.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

 HOME 

検索フォーム

プロフィール

トーマス

Author:トーマス
FC2ブログへようこそ!

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。