スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

ディズニーランドのキャストが生み出すオンリーワンの行動(解説編)

カテゴリ: ├オンリーワンの行動事例

前回の記事
「ディズニーランドのキャストが生み出すオンリーワンの行動」
は読みましたか?

まだの人は、「成功法則」のカテゴリ内にある
「オンリーワンの行動事例」をクリックして
前回の記事を読んでからこの記事を読んでくださいね。


おもてなしの心というものがよく分かる、
心温まるストーリーでしたね。

ただ、
「ああ読んで良かった」
で済ましてしまうのはもったいないと思います。

このストーリーから成功哲学を学ばなければなりません。


ディズニーランドではスタッフのことをキャストと呼びますが、
一人一人がディズニー内でそれぞれの役割を演じているから
そう呼ばれるのでしょう。

インフォメーションで働いているキャストも、
単に案内をしているだけではありませんでした。


サイン帳をなくしてしまった親子がいた。

普通なら「届いておりません」で済ませる話ですが、
各部署に落し物が届いていないか電話をかけて確認してくれた。

この時点ですでに素晴らしい姿勢ですが、
さらに自分の足で全てのキャラクターのサインをもらいに行った。

ここまでやるでしょうか。

そんなキャストの姿勢にお客さんも感動するしかないですよね。


最後の手紙に感動的なエピソードがありましたね。

お子さんを亡くした父親にとっては非常に辛く悲しいことですが、
ディズニーランドの素敵な思い出を胸に、
永遠の眠りに就いたお子さんにとっては、
さぞかし幸せな3日間だったことでしょう。


お客様にディズニーランドを存分に楽しんでもらうこと、
またディズニーランドに来てもらえるよう、
一人一人がマニュアルにはない
最高のサービスを提供している姿勢がうかがえます。

全てのサービス業が見習うべき姿勢ではないかと思います。


そこで働く人たちが、お金のため、給料のために働いていれば、
ここまでのサービスをしようとは思わないでしょう。

そして、真心を込めたサービスを全力で提供すること、
これはお金以上に得られるやりがいがあり、
充実感が得られるんじゃないかと思います。


ディズニーランドのリピート率は半端じゃないですからね。

ディズニーランドには、この記事で紹介したような
感謝の手紙が山のように届くと言います。

ディズニーランドはリピート客で成り立っているとも聞いたことがあります。

働きたい場所はディズニーランド(オリエンタルランド)と答える人も多いと言います。


行きたい人が途絶えることがない、
働きたい人が途絶えることがない、
お客さんにも、従業員にも夢と希望を与えてくれる、
こんな素敵なサービスを提供してくれる会社が、
経営不振で倒産するなんて想像できませんよね。

おそらく人類が滅ぶまで、
未来永劫まで存続する会社の一つだと思います。


ディズニーランドの入場料は高いです。

年間パスポートはUSJよりも遥かに高いです。


しかし、

「お客さんの心を掴む」

これができれば、必ずお客さんはファンになってくれ、
確実にリピーターになってくれるはずです。

そこに機能性や価格面での競争が生まれるはずもありません。

「ブランド」というものが確立した瞬間ですね。


僕らが仕事をする時も、
自分でビジネスをやっているという人も、

「お客さんに真心を込めたサービスを提供する」

という姿勢を忘れずにいたいものですね。


見返りを求めないサービスが
お客さんの心を感動させ、
かけたコストの倍以上の価値となって自分の元へ返ってきますから。
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2014.02.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

コメント


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

検索フォーム

プロフィール

トーマス

Author:トーマス
FC2ブログへようこそ!

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。