スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

なぜ一日2食が体に良いのか?

カテゴリ: 健康法・生活習慣

「一日2食だけで本当に大丈夫なの?」

「栄養が足りないんじゃないの?」



一日3食を当たり前にしている人からは、
こんな声が聞こえてきそうですね。

僕もずっとそう思ってました。


僕は学生時代、副教科である家庭科では、
5教科よりも常に高得点を取っているほどの相当な健康オタクです。

それくらい、健康・栄養に興味を持っていました。


なので、一日2食のスタイルに変えるには相当抵抗がありました。

しかし、意を決して、いざ始めてみると、意外と苦痛にならないこと。

それどころか、体に食べ物が入っていないので、
とても体が軽く仕事も運動も軽々とこなせるのです。


「お腹空かしながら勉強(仕事)しても、
 集中力が続かないんじゃないの?」


これも意外なのですが、
お腹を空かせながら仕事をしていても、全然気になりません


「お昼ご飯を早く食べたいなあ」

なんて気持ちもサラサラ起こりません


「早くランチタイムにならないかなあ」

なんて気が散ることもありません


今、目の前にあるタスク(勉強・仕事)に取りかかり始めたら、
それに集中して、お腹が空いていることも忘れてしまいます

つまり、お腹が空いているなんて気のせいなんですよ。


腸は食べ物を運ばなくても、常に蠕動(ぜんどう)運動をしています。

つまり、ぐーっと鳴るあの音は空気を運んでいるだけなんです。

腸の中が空っぽであるサインではあるけれど、
だからといって、すぐに食べなければならない状態ではないってことです。


適度な空腹状態って感覚が研ぎ澄まされていいですよ。

普段の120%の力が発揮できますから。

分かりやすい例で言うと、
お腹が空いている時にご飯を食べると美味しいですよね

五感の内の味覚が研ぎ澄まされた状態ってことです。


毎日全力で物事を成し遂げたい方、
集中力をつけたい方は、
是非この空腹状態を体験してみてください。


慣れれば、食欲をコントロールすることができるようになります。

そうなれば、ダイエットなんて楽勝ですね!
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2014.03.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

コメント


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

検索フォーム

プロフィール

トーマス

Author:トーマス
FC2ブログへようこそ!

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。