FC2ブログ

スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

バク転講座

カテゴリ: アクロバット講座



バク転ができるようになるために必要なもの

・体を支える力

・肩・背中・腰(反り)の柔軟

・体の締め

・反動・瞬発力

・床を押す力・タイミング

・ブリッジ

・倒立

・倒立からのうさぎ跳び

・セフティマット、またはピット

・勇気(後方へ回る恐怖感の克服)



以上の条件を揃えている人は、
1ヶ月以内に補助を使わずにバク転ができるようになるでしょう。


バク転は、体操競技の基本技の一つです。

バク転は、バク宙への助走の役割として使うことができます。

また、バク宙と違って、回転中に床に手を着くので、
バク宙ほど恐怖感がなく、
バク宙よりは技に取り組みやすいと言えます。


バク転ができるようになるためには、
倒立やブリッジなど、体操の初歩の技ができていないと、
上達に非常に時間がかかります。

また、環境も非常に重要で、
セフティマットやピット、トランポリンなどがあるのとないのとでは、
上達面だけでなく、安全面にも大きく影響します。


バク転ができるようになるかならないかは、
後方へ回る恐怖感を克服できるか否かにかかっています。

この技に多くの人が憧れ、できるようになりたいけど、
いつまで経ってもできるようにならないのは、
頭を打ってしまうんじゃないかという
恐怖感を克服できないからです。


バク転講座では、
倒立などの体を支える力、
ブリッジなどの柔軟など、
基礎力がついているという前提で進めていきます。

なので、バク転をできるようになりたい人は、
バク転講座を受ける前に、
まずは倒立講座を受けてもらって、
基礎力を先につけることをお勧めします。


バク転講座では、

・後ろへ回る恐怖感の克服の仕方

・補助台・補助者を使った練習法

・セフティマット、ピット、トランポリンを使った練習法

・家でできる、後方へ回る感覚をつかむトレーニング法

・一人で練習する方法(セフティマットがあるという条件で)


など、段階を踏んで、最終的に一人でバク転ができるまでの
ステップをお伝えしていきます。

近くに体育館がなく、
セフティマットを用意できない場合でも
補助者を使って安全に練習する方法も紹介します。

講座の申し込みはこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.11.19 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

コメント


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

検索フォーム

プロフィール

トーマス

Author:トーマス
FC2ブログへようこそ!

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。