FC2ブログ

スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

青春時代(小6~高3辺りまで)に聴いた音楽

カテゴリ: └自己紹介(音楽との関わり)

青春時代に聴いていた音楽は、
主に90年代のポップスが中心です。


小学生の時から家族でよくカラオケに行き、
KANの「愛は勝つ」とか、たまの「さよなら人類」を
よく歌っていた記憶があります。


中学に入り、CDをツタヤでレンタルするようになってから、
本格的に音楽を聴き始めました。

槇原敬之やチャゲ&飛鳥などをよく聴いていました。

最近はカラオケに行くことはなくなりましたが、
もし行ったら、やっぱり90年代の歌を歌ってしまうでしょうね。


マッキーの「どんなときも。」「もう恋なんてしない」
チャゲアス「SAY YES」「YAH YAH YAH」「LOVE SONG」
プリプリ「M」
米米クラブ「浪漫飛行」
小田和正「ラブストーリーは突然に」
THE虎舞竜「ロード」
ミスチル「抱きしめたい」「CROSS ROAD」「innocent world」「Tomorrow never knows」

今30代の人なら、カラオケに行ったら、
上の曲のどれかを歌いたくなりませんか?笑


90年代半ばごろからミスチルと小室ファミリーの勢いがつき、
青春時代に聴いた音楽のほとんどが
小室ファミリーだった気がします。

高校時代、カラオケに行けば、ミスチルや、
ラルク、グレイなどのビジュアル系をよく歌っていました。


ただやはり、今の音楽生活に一番影響を与えているのは、
間違いなく小室サウンドです。

彼はダンスミュージックをポップスに持ち込むことに大成功し、
現在のエイベックスの基礎を築いた立役者ですね。


邦楽と並行して、
中学から英語の授業の影響で、洋楽も聴き始めました。

ビートルズから始まり、
カーペンターズ、イーグルス、ワム!などの代表曲は、
今でもほぼ歌詞を見ずに歌える気がします。


90年代に活躍していた洋楽アーティストと言えば、
マライア・キャリー、セリーヌ・ディオンとか、
ジャミロ・クワイ、U2、エアロ・スミスとかでしょうか。

日本で大ヒットしていたのは、
スキャットマン・ジョンとか、
ロス・デル・リオ「マカレナ」など、
ヨーロッパ産のダンスポップが流行っていましたね。


洋楽が歌えることにカッコ良さを見出したからなのか、
英語の苦手意識は全くなくなりました。

英語の勉強に洋楽を歌うってのは
絶大な効果があるからお勧めです。

発音も上手くなるし。


ここまでで、僕の青春時代は、
小室サウンドと洋楽に大きな影響を受けたということが言えます。

次回、大学生以降から現在に至るまで、
音楽変遷を巡ってみたいと思います。
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2013.12.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

コメント


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

検索フォーム

プロフィール

トーマス

Author:トーマス
FC2ブログへようこそ!

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。