スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

駄菓子屋のおばあちゃん

カテゴリ: 人生に悩んだ時に読む話

それは、多くの人を支えた、私の故郷にある駄菓子屋さんのお話。


私は子どもの頃、引っ込み思案で友だちも少なく、
家庭が荒れていたこともあり、行き場所がありませんでした。

たくさんのお菓子や貸し本がある駄菓子屋さんは
当時の私にとって現実を忘れるオアシスでした。

少ないお小遣いを握りしめて、
いつも駄菓子屋さんに通っていました。


駄菓子屋さんのおばあちゃんは、
いつもにこにこしながら私を迎えてくれました。

1日10円しか買い物をしない客、
利益にしたら数円にしかならない客である私を、
笑顔で包み込んでくれました。

そして、お金を渡すときに触れるおばあちゃんの手は、
しわしわでしたがとても温かく、
手のぬくもりを通じて心まで抱いてくれていました。


雨の日も雪の日も、毎日その駄菓子屋さんに通っていました。


時を経て、ようやく友達もできはじめ、
その駄菓子屋さんに毎日通うこともなくなりましたが、
たまに行ったときも、

「よく来たね。お友達増えてよかったね。またいつでもおいで。
 私はこのお店にいつもいるからね」

と言ってくれて、いつも温かく見守ってくれていました。

幼稚園児、小学生、中学生、そして大人も、
お店には世代を超えて多くの人たちが出入りしていました。

私だけでなく、多くの人にとって、その駄菓子屋さんは、
もう一つの我が家となっていました。


そして私にとっては、自分を認めてくれる場所でもありました。

帰るべき場所を見つけた安心感が、私を羽ばたかせてくれました。


あるとき、お店が休みになっていました。


12年間で一日も休んでいないお店が休みになった知らせは、
またたく間に街じゅうに広がりました。

皆がおばあちゃんのことを心配していたら、
その心配は現実のものとなりました。


その日、おばあちゃんが静かに旅立たれたのです。

とても綺麗な笑顔だったそうです。

皆が悲しみに暮れていました。

街は灯を失ったように暗くなっていました。


その後、ご遺族の方がお店を閉める準備をはじめました。

そのとき、その町で育った大人たちが言いました。


「おばあちゃんが遺してくれた灯を灯しつづけたい。
 私たちの手でこのお店を続けよう。
 私たちが毎日、交代で店にいるから、ぜひ続けたい」 と。

おばあちゃんの店は、おばあちゃんが温かく見守りつづけた
「子供たち」に受けつがれました。


駄菓子を見ると、ふと思い出すおばあちゃんの話。

今にして思えば、私はお菓子が欲しいわけでもなく、
本を読みたいわけでもなく、
おばあちゃんの温かい手に触れたかったために
毎日通っていたのだな・・・と思います。

そして、いつも笑顔で温かく迎えてくれる
おばあちゃんの笑顔に会いにいっていたのだとも思います。

私たちの街の子供たちを温かく包んでくれたおばあちゃんの笑顔は、
多くの子供たちの希望の灯となって今も私たちの心に灯っています。


「いらっしゃい」という優しい声とともに。
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

編集 / 2014.01.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

コメント


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

検索フォーム

プロフィール

トーマス

Author:トーマス
FC2ブログへようこそ!

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。